ICCS 国際中国学研究センター

刊行図書

文字サイズ:標準  最大印刷

刊行図書トップページへ »

ICCS刊行叢書 著書一覧

1 『中国の新たな発見』(加々美光行 編)
タイトル 1 『中国の新たな発見』(加々美光行 編)
著者 ICCS刊行叢書
出版社 日本評論社
発行日 2008年3月31日
価格(税込) 4,410円
ページ数 298
版型 A5ハードカバー
ISBNコード 978-4-535-04840-9

『なぜ中国研究は成熟しないのか? 今なお残る「オリエンタリズム」への偏向。その悪弊を絶ち、中国独自の内発的な力学を探る。方法論の確信を試みる問題提起の書。』(帯コメントより)

目次

第Ⅰ部 方法論のパラダイム転換

  1. 現代中国学の新たなパラダイム -コ・ビヘイビオリズムの提唱・・・加々美 光行
  2. 方法としての「中国独自の近代」・・・溝口 雄三
  3. 「中国」とは何か・・・劉 新
  4. 変化を遂げる社会における中国研究の挑戦と展望・・・バーナード・フューラー
  5. 中国地域研究の未来・・・リチャード・マドセン

第Ⅱ部 中国の発見 -歴史とナショナリズムをめぐる方法

  1. 歴史の真実性を論ず -データベース方式および歴史研究のモデルチェンジ・・・金 観涛/劉 青峰
  2. 辛亥革命をもたらした歴史の一潮流 -明末の「地方公議」から清末の「地方自治」へ・・・溝口 雄三
  3. 友好、裏切り、および中国におけるエスニック政治的なものの概念・・・オラディン・E・ボラグ
  4. 竹内好の文学精神と中国像・・・岡山 麻子
  5. 中国ナショナリズム分析の枠組みと実践・・・田島 英一


2 『中国内外政治と相互依存』(加々美光行 編)
タイトル 2 『中国内外政治と相互依存』(加々美光行 編)
著者 ICCS刊行叢書
出版社 日本評論社
発行日 2008年6月30日
価格(税込) 4,410円
ページ数 487
版型 A5ハードカバー
ISBNコード 978-4-535-04841-6

『動き出した“政治大国”中国、その向かう先は? アメリカの覇権主義、日本の「国益」主張にいかに対するか。急激な経済発展に伴う国内の社会矛盾をどう解決するか。世界が注目する中国政治の動態を分析する。』(帯コメントより)

目次


「2 『中国内外政治と相互依存』(加々美光行 編)」の続きを読む


3 『海外進出する中国経済』(高橋五郎 編)
タイトル 3 『海外進出する中国経済』(高橋五郎 編)
著者 ICCS刊行叢書
出版社 日本評論社
発行日 2008年3月10日
価格(税込) 4,410円
ページ数 299
版型 A5版ハードカバー
ISBNコード 978-4-535-04842-3

『2001年、WTO加盟を果たし、国際舞台に踊り出た中国。蓄積された巨大資本の国外展開=「走出去」の行方を追い、中国企業のグローバル化の実態に迫る。』(帯コメントより)


目次

第Ⅰ部 中国企業海外進出の背景と中国経済

  1. 中国経済の走出去(海外進出)の生成と展開・・・高橋 五郎
  2. 中国資本の海外進出のいくつかの特徴・・・周 立群
  3. 中国経済の構造転換と「走出去」戦略・・・大橋 英夫
  4. 中国の「走出去」と経済発展の背景・・・古澤 賢治
  5. 中国企業の対外直接投資における金融上の制約・・・紀 元
  6. 中国企業対外投資の問題点と課題 ・・・朱 炎
  7. 中国企業の「走出去」(海外進出)に関する試論・・・康 栄平
  8. 中国対外投資促す過剰資本・・・高橋 五郎

第Ⅱ部 中国企業海外進出の実態と経営課題

  1. 中国企業の国際競争戦略・・・川井 伸一
  2. 中国の海外投資・・・エリック・ハーウィット
  3. 中国企業の対途上国投資・・・田中 英式
  4. シンガポール株式市場をめざす中国系企業・・・ルー・ディン
  5. 中国企業の対インド投資・・・小島 末夫
  6. 中国企業の米国市場参入戦略・・・李 春利
  7. 中国の「走出去」と東南アジア・・・佐藤 元彦


4 『改革・変革と中国文化、社会、民族』(馬場毅・張琢 編)
タイトル 4 『改革・変革と中国文化、社会、民族』(馬場毅・張琢 編)
著者 ICCS刊行叢書
出版社 日本評論社
発行日 2008年5月30日
価格(税込) 4,410円
ページ数 312
版型 A5ハードカバー
ISBNコード 978-4-535-04843-0

『社会階層の急速な領域化に伴って分化・対立するエリート文化、大衆文化、そして民間文化。その位相を歴史と民族の基層から浮き彫りにする。』(帯コメントより)

目次

第Ⅰ部 歴史・伝統・文化変容

  1. 中国における“文を尊ぶ(尚文)”歴史と伝統・・・劉再復
  2. 比較史論、文化文明史論による世界史の展開・・・小林一美
  3. 清末政治社会変革論と日本・・・並木頼寿
  4. ヴァンサン・レッブと天主教本土化運動・・・武内房司
  5. 湖南省の辛亥革命と民衆文化・・・藤谷浩悦
  6. 第5次囲剿戦と国民党の行政・治安組織の改革・・・馬場毅
  7. 中華民国における社会と文化の変容・・・ロナルド・スレスキー

第Ⅱ部 民族・文化・宗教

  1. 文化的多様性から見る現代中国の民族関係・・・郝時遠
  2. 中国における多様な民族主義を考える ・・・小嶋祐輔
  3. 羌暦年と国民文化・・・松岡正子
  4. 牧畜文明におけるソルコ制の位置付け・・・高明潔
  5. <徴候>としての現代中国・・・鈴木規夫
  6. 中元節の成立について・・・松本浩一

第Ⅲ部 社会構造と学術

  1. 中国の現代化に対する「ふたつの階級、ひとつの階層」構造の「磁気遅れ反応」・・・葉啓政
  2. エリート、大衆と民間における文化の重層性・・・高丙中
  3. 中国民族学における文化研究が直面している基本的問題・・・周星
  4. 改革開放以降の中国における学術文化復興についての概観・・・張琢


5 『中国の環境問題』(榧根勇 編)
タイトル 5 『中国の環境問題』(榧根勇 編)
著者 ICCS刊行叢書
出版社 日本評論社
発行日 2008年3月25日
価格(税込) 4,410円
ページ数 346
版型 A5ハードカバー
ISBNコード 978-4-535-04844-7

『急激な経済成長に伴い、ますます深刻化する中国の環境問題、その実態をフィールド・ワークで実証的に解明するとともに、克服の方策を哲学的に、また個別具体的に検証する。』(帯コメントより)

目次

第Ⅰ部 中国の環境問題を理解するために

  1. 現代中国の環境問題-課題と展望・・・榧根勇
  2. 人類によるバイオマス資源の利用・・・内嶋善兵衛
  3. 中国の砂漠における人間活動と砂塵あらし・・・吉野正敏
  4. 中国の水循環、水資源および生態保護・・・劉昌明
  5. 過去50年の中国の近代化過程と環境管理の成果と問題・・・魯奇

第Ⅱ部 環境友好型社会の構築をめざして

  1. 中国の北方草原における人間と自然の調和的関係をめぐる若干の問題・・・高玉葆
  2. 武漢市における社会経済の進歩と環境保護 ・・・鄧南聖・寧薇・呉峰・林一歆
  3. 物質フローからみた中国経済・・・後藤尚弘
  4. 中国経済、エネルギーおよび環境に関する総合的な考察-現状・問題・政策・・・鄒驥・張雲・馮相昭
  5. 和諧社会をめざす中国のエネルギー政策・・・大澤正治
  6. 中国の都市をめぐる人と自然の和諧・・・一ノ瀬俊明

第Ⅲ部 環境改善のために必要な協力

  1. 日本と中国の環境NGO/NPOの現状と今後の課題・・・宮沢哲男
  2. 日本企業の環境経営から地域環境戦略への展開-行政や民間団体活動の動向にも関連して・・・藤田佳久
  3. 中国の環境問題の特徴および中日協力への展望・・・宋献方
  4. 中国の循環型経済政策の動向分析-新たなステージを迎えた日中環境協力の方向を探る・・・柳下正治


検索

著者別書籍リスト


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ