ICCS 国際中国学研究センター

刊行図書

文字サイズ:標準  最大印刷

刊行図書トップページへ »

1 『中国の新たな発見』(加々美光行 編)

1 『中国の新たな発見』(加々美光行 編)
出版社 日本評論社
発行日 2008年3月31日
価格(税込) 4,410円
ページ数 298
版型 A5ハードカバー
ISBNコード 978-4-535-04840-9

『なぜ中国研究は成熟しないのか? 今なお残る「オリエンタリズム」への偏向。その悪弊を絶ち、中国独自の内発的な力学を探る。方法論の確信を試みる問題提起の書。』(帯コメントより)

目次

第Ⅰ部 方法論のパラダイム転換

  1. 現代中国学の新たなパラダイム -コ・ビヘイビオリズムの提唱・・・加々美 光行
  2. 方法としての「中国独自の近代」・・・溝口 雄三
  3. 「中国」とは何か・・・劉 新
  4. 変化を遂げる社会における中国研究の挑戦と展望・・・バーナード・フューラー
  5. 中国地域研究の未来・・・リチャード・マドセン

第Ⅱ部 中国の発見 -歴史とナショナリズムをめぐる方法

  1. 歴史の真実性を論ず -データベース方式および歴史研究のモデルチェンジ・・・金 観涛/劉 青峰
  2. 辛亥革命をもたらした歴史の一潮流 -明末の「地方公議」から清末の「地方自治」へ・・・溝口 雄三
  3. 友好、裏切り、および中国におけるエスニック政治的なものの概念・・・オラディン・E・ボラグ
  4. 竹内好の文学精神と中国像・・・岡山 麻子
  5. 中国ナショナリズム分析の枠組みと実践・・・田島 英一

検索

著者別書籍リスト


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ