ICCS 国際中国学研究センター

組織

文字サイズ:標準  最大印刷

一覧へ戻る

Profile

Professor, Course of Chinese Studies, Faculty of Foreign Languages Studies, Kobe City University of Foreign Studies; Member of Visiting Researchers of International Center for Chinese Studies, Aichi University

Academic Achievements

■Papers

・「漢族的家庭結構与宗教伝承」王建新・劉昭瑞編『地域社会与信仰習俗――立足田野的人類学研究』128-139頁、中山大学出版社 2007。
・「漢人イトコ婚研究の覚書――横山廣子氏の書評に応える」『文化人類学』72-2号 269-273頁 2007。
・「都市と農村から見た中国社会の境界」『漢族・少数民族研究の接合~クロスオーバー的視点から見る漢族と少数民族の社会と文化』8-16頁、愛知大学21世紀COEプログラム2006年国際シンポジウム報告書8-16頁 2007
・「中国人類学の独自性と可能性」『国立民族学博物館研究報告書』31(1):117-153頁 2006
・"The Process of Change in Chinese Family in Hubei Villages" Japanese Review of Cultural Anthropology. Vol.6. pp.43-67. 2005
・「論文明内部対話」『神戸外大論叢』第56巻7号 43-60頁外大研究会 2005
・「宗族の規範と個人の選択:中国湖北省農村の招贅婚の事例から」 『民族学研究』68巻4号 511-533頁 2004
・「中国湖北省一農村の宗族内婚について」『神戸外大論叢』第54巻2号 71-92頁外大研究会 2003
・"Changes in Chinese lineage and Politics: A Case Study in Rural Hubei", Japanese Review of Cultural Anthropology. Vol.3.pp.3-29.2002
・"Rethinking Cousin Marriage in Rural China" ,Ethnology:An International Journal of Cultural and Social Anthropology,Vol.XL No.4. pp.347-360. 2001
・「『南街現象』に関する一考察」『日中社会学研究』No.8 145-168頁日中社会学研究会 2000
・「親戚間の通婚と父系血縁関係」 末成道男編『中原と周辺人類学的フィールドからの視点』171-191頁東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 1999

■Published Books

・2011 『地球時代の文明学2』共著、京都通信社
・2009 『革命の実践と表象―現代中国への人類学的アプローチ』 共著、風響社
・2008 『地球時代の文明学』 共著、京都通信社
・2007 『やもめぐらし――寡婦の人類学』 共著、明石書店
・2005 『中国湖北農村の家族・宗族・婚姻』 単著、風響社



新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ