ICCS 国際中国学研究センター

組織

文字サイズ:標準  最大印刷

一覧へ戻る

馬場 毅 [ ICCSフェロー ]

プロフィール:Profile

愛知大学名誉教授。専門は中国近現代史。日中戦争史、中国秘密結社史、日中関係史、中国水利史。早稲田大学文学研究科で博士号取得。都立高島、篠崎、両国高校教諭を経て、1997年4月より現職。2011年4月より、愛知大学国際問題研究所所長、愛知大学東亜同文書院大学記念センターセンター長、2012年4月から2014年3月まで人間文化研究機構(NIHU)現代中国地域研究・愛知大学拠点副代表。

業績:Academic Achievements

■著書

・2014年 馬場毅・謝政諭編『民主と両岸関係についての東アジアの視点』東方書店、275頁

・2013年 馬場毅・許雪姫・謝国興・黄英哲編『近代台湾経済社会の変遷―日本とのかかわりをめぐって』東方書店 537頁

・2012年 共編『文化、民主与両岸関係的東亜観点』東呉大学・愛知大学・松慧文化 367頁

・2007年 共編著『改革、変革と中国文化、社会、民族』日本評論社、322頁

・2001年 単著『近代中国華北民衆と紅槍会』汲古書院、322頁

・1995年 共著『秘密結社と国家』勁草書房、305頁

・1995年 共訳、周一良(監訳:藤家禮之助)『つまりは書生-周一良伝-』東海大学出版会、240頁

・1991年 共訳『日中戦争史資料―八路軍・新四軍―』龍溪書舎、505頁

・1989年 共著『中国八路軍、新四軍史』河出書房新社 572頁

■論文

・2015年12月 大アジア主義から「脱亜入米」 同文書院記念報ーVol.24別冊① 27-45

・2014年12月 近代天津小站营田的水利鈔曉鴻主編『海外中国水利史研究:日本学者論集』人民出版社

・2014年3月「辛亥革命と東亜同文会」、『同文書院記念報』、愛知大学東亜同文書院大学記念センターVol.22 95-104

・2013年「東亜同文会のアジア主義について」、『同文書院記念報』愛知大学東亜同文書院大学記念センターVol.22別冊②14-25

・2013年「東京同文書院について」『近代台湾経済社会の変遷―日本とのかかわりをめぐって』、東方書店 3-29

・2013年「孫文の大アジア主義と日本(孫文的大亜洲主義与日本)」『孫学研究』、国父記念館 第15期 121-148

・2012年 単著「近代天津小站営田の水利について」(『中国21』Vol.37)、143~160頁

・2011年 単著「寧夏回族自治区における節水型農業、農村建設」(『西部大開発をめぐる日中共同の実証的研究 平成20年度~22年度 科学研究費補助金基盤研究(A)研究成果報告書』)、16~33頁

・2010年 単著「中国の対外教育―孔子学院を中心に―」(電子ジャーナル『ICCS現代中国学ジャーナル』第2巻第1号)、212~220頁

・2010年 単著「近代中国華北農村的水利組織和村落、宗教圏問題」(欧陽恩良主編『近代中国流動与社会控制』社会科学文献出版社) 273~293頁

・2009年 単著「中共在華北的軍事活動(1939~1945)-以山東抗日根拠地為例(劉風華訳)」(楊天石・臧運祜共編『中日戦争国際共同研究之二・戦略与歴次戦役』社会科学文献出版社)、417~449頁

・2008年 単著「山東抗日根拠地における民兵」(『日中戦争再論 軍事史学』 第43巻第3・4合併号、軍事史学会)、259~274頁
・2007年 単著「第5次囲剿戦と国民党の行政・治安組織の改革」(『現代中国における思想、社会と文化 中国文化とアジア世界の文化共生研究会COE最終報告書』愛知大学国際中国学研究センター)、191~200頁

・2006年 単著「華北における中共の軍事活動、1939-1945―山東抗日根拠地を例として 」(波多野澄雄・戸部良一編『日中戦争の国際共同研究2 日中戦争の軍事的展開』慶應義塾大学出版会)、219~248頁

・2006年 単著「1930年山東省博山県の黄沙会の擾乱について」(『愛知大学国際問題研究所紀要』第127号、愛知大学国際問題研究所)、13~25頁

・2005年 単著「弾丸をも恐れず 紅槍会」(『結社の世界史2 結社が描く中国近現代』山川出版社)、116~130頁

・2005年 単著「孫文と山田兄弟」(『国際問題研究所紀要』第126号、愛知大学国際問題研究所)、97~112頁

・2004年 単著「孫中山与山田兄弟」(『第七届孫中山与現代中国学術研討会論文集』国父紀念館)、250~256頁

・1998年 単著「山東抗日根拠地与紅槍会」(『中国秘密社会概観』、江蘇人民出版社)、135~146頁

・1995年 単著「山東省の傀儡軍について」(『社会科学討究』115号、早稲田大学社会科学研究所)、59~88頁

・1994年 単著「山東抗日根拠地と紅槍会」(『中国研究月報』第553号、中国研究所)、29~40頁

・1993年 単著「抗日根拠地的形成与農民-以山東抗日根拠地為中心議題-」(『中外学者論抗日根拠地-南開大学第2届中国抗日根拠地史国際学術討論会論文集-』档案出版社)、93~103頁

・1986年 単著「関于山東抗日根拠地的財政問題」(『中国抗日根拠地史国際学術討論会論文集』档案出版社)、474~487頁

・1984年 単著「山東抗日根拠地における財政問題」(『史観』第110冊、早稲田大学史学会)、43~60頁

・1984年 単著「陽穀県坡里荘暴動について―続中共と山東紅槍会―」(『中国近現代史の諸問題―田中正美先生退官記念論集―』国書刊行会)、309~333頁

・1983年 単著「山東省の紅槍会運動」(『続中国民衆反乱の世界』、汲古書院)、251~358頁

・1981年 単著「農民闘争における日常と変革」(『史潮』新10号、歴史学会)、27~53頁

・1981年 単著「中共と山東紅槍会」(『中嶋敏先生古稀記念論集』下、汲古書院)、751~778頁

・1978年 単著「抗日根拠地の形成と農民-山東区を中心に-」(『講座中国近現代史』6、東京大学出版会)、91~126頁

・1976年 単著「紅槍会―その思想と組織―」(『社会経済史学』第42巻第1号、社会経済史学会)、59~82頁

・1974年 単著「紅槍会運動序説」(『中国民衆反乱の世界』汲古書院)、77~146頁

■書評

・2011年 「並木賴寿著『捻軍と華北社会―近代中国における民衆反乱―』」『中国研究月報』第65巻第11号 63~65頁

・2010年 「小林一美著『中華世界の国家と民衆』上下巻」『中国研究月報』第64巻第6号、31~34頁

・2007年 「高橋孝助著『飢饉と救済の社会史』」『中国研究月報』第61巻第9号、48~51頁

・2004年 「内田知行著『抗日戦争と民衆運動』」『現代中国研究』第14・15号 中国現代史研究会、100~104頁

・2001年 「都市史研究における注目すべき成果『上海』」『東方』249号、27~31頁

・1999年 今井駿著「『中国革命と対日抗戦―抗日民族統一戦線史序説―』」『歴史学研究』721号(1999年3月号) 歴史学研究会、52~55頁

■学会等報告

・2015年12月 「大アジア主義から『脱亜入米』」 愛知大学東亜同文書院大学記念センター主催国際シンポジウム「近代日中関係史の中のアジア主義ー東亜同文書院と東亜同文会」愛知大学豊橋校舎

・2015年9月 有関東京同文書院 中国社会科学院近代史研究所・河北大学共催「“華北城郷与近代区域社会”曁第六届中国近代社会史国際学術研究討会」 華日假日酒店

・2014年9月 「日中の戦争に至る道―満州事変を手掛かりにして―」東海日中関係学会 愛知大学車道キャンパス

・2014年3月 「八路軍の兵員拡大について―山東抗日根拠地を中心に―」 愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)主催国際シンポジウム「多角的観点から見た日中戦争」愛知大学名古屋校舎

・2013年12月 「東亜同文会のアジア主義の変遷」 愛知大学東亜同文書院大学記念センター主催国際シンポジウム「近代日中関係史の中の東亜同文書院」愛知大学名古屋校舎

・2013年8月 東亜同文会与辛亥革命 中国社会科学院近代史研究所・湖北大学主催・首都師範大学共催「社会文化与近代中国社会転型―第五届中国近代社会史国際学術研討会」中国襄陽、南湖賓館

・2013年7月 「孫文の大アジア主義」 愛知大学東亜同文書院大学記念センター・東呉大学・国父紀念館共催国際シンポジウム「孫文と東アジアの平和」愛知大学名古屋校舎

・2013年年5月 「清末民国期の小站開発と水利 華北デルタ開拓シンポジウム―軍糧城と小站」 東京大学

・2012年11月 「寧夏回族自治区における節水型農業、農村建設」中国水利史研究会大会、兵庫県民会館

・2012年8月 「有関東京同文書院」第6届現代中国社会変動与東亜新格局国際学術討論会、大阪大学・南開大学・東華大学共催、台湾 東華大学

・2012年8月 「東京同文書院について」愛知大学東亜同文書院大学記念センター、台湾・中央研究院台湾史研究所共催国際シンポジュウム「近代台湾の社会経済変遷―日本とのかかわりをめぐって―」、愛知大学名古屋校舎

・2011年11月 「辛亥革命と東亜同文会」国際シンポジウム「辛亥革命・孫文・東亜同文会」愛知大学東亜同文書院大学記念センター主催 愛知大学豊橋校舎

・2011年6月 「寧夏回族自治区における節水型農業、農村建設」日本現代中国学会2011年度関西部会報告、摂南大学大阪センター

・2010年8月 「近代天津小站営田水利」首届中国水利社会史国際学術検討会、山西大学主催 臨汾

・2009年12月 「中国の対外教育―孔子学院を中心に―」愛知大学国際中国学研究センター・北海道大学東アジアメディアセンター共催国際シンポジウム「現代中国の国際的影響拡大に関する総合的研究」、愛知大学名古屋校舎

・2009年8月 「近代中国華北農村的水利組織和村落、宗教圏問題」中国社会科学院近代史研究所・貴州師範大学主催、第3回中国近代社会史国際学術研討会「近代中国的社会活動、社会控制与文化伝播」、貴州師範大学

・2006年12月 「東亜同文書院有関人員対中国革命的支援―以孫中山和山田兄弟的関係為中心」霞山会主催 史実共同研究会、上海交通大学

・2006年11月 「第5次囲剿戦と国民党の行政・治安組織の改革」愛知大学21世紀COEプログラム国際中国学研究センター国際シンポジウム「現代中国学の課題と展望」、愛知大学車道校舎

・2005年12月 「近代国家と宗教弾圧」2005年度愛知大学国際中国学研究センター国際シンポジウム「中国学」の構築をめざして、天津 南開大学

・2005年8月 「山東抗日根拠地的民兵述論」、「近五百年来中国社会結構変遷」国際学術討論会 天津 南開大学

・2004年12月 「1930年山東省博山黄沙会騒乱」「中国近代社会与秘密結社史」国際学術討論会 上海 中国会党史研究会

・2004年3月 「孫中山与山田兄弟」第7届孫中山与現代中国学術検討会、台湾 国父紀念館

・2004年1月 「Chinese Communist Campaigns in North China in 1939-1945 : The Example of Shandong Anti-Japanese Base Area」Conference on the Military History of the Sino-Japanese War ハーバード大学主催、ハワイ マウイシェラトンホテル

・2003年10月 「華北における中央の軍事活動、1939-45-山東抗日根拠地を例として―」第53回日本現代中国学会全国大会、大阪市立大学

・2000年10月 「義和団的諸神与農民的日常生活」義和団運動100周年国際学術討論会、 山東大学

その他:Others

■研究プロジェクト

・『東亜同文書院を軸とした近代日中関係の新たな構築』 平成24年度~28年度 私立大学戦略的基盤形成事業、代表馬場毅

・『グローバル大国・中国の出現と東アジア:学校間交流による学際的研究』 平成23年度~平成25年度 科学研究費補助金・基盤研究(B)(研究代表大阪大学田中仁)連携研究者

・『西部大開発をめぐる日中共同の実証的研究』 平成20年度~22年度 科学研究費補助金基盤研究(A)(研究代表愛知大学古澤賢治)、共同研究者

■所属学会

日本現代中国学会、アジア政経学会、歴史学会、軍事史学会、中国社会文化学会、中国現代史研究会、中国水利史研究会

■その他

リンク:Link



新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ