ICCS 国際中国学研究センター

組織

文字サイズ:標準  最大印刷

一覧へ戻る

李 春利 [ 運営委員 ]

プロフィール:Profile

愛知大学経済学部教授・国際中国学研究センター中国事業推進責任者、人間文化研究機構現代中国地域研究・愛知大学連携拠点副代表。研究分野は中国経済論、国際産業経済論、エネルギー・環境経済論、中印比較研究。中国社会科学院大学院、京都大学を経て、東京大学経済学研究科より経済学博士号取得。米国MIT国際自動車研究プログラム(IMVP)兼任研究員、ハーバード大学客員研究員、東京大学ものづくり経営研究センター特任研究員等を歴任。

業績:Academic Achievements

■著書

・2014年 共著『日中科学技術交流の40年』科学技術振興機構中国総合研究交流センター(調査報告書)編者:科学技術振興機構中国総合研究交流センター、237頁

・2013年 共著『中国多国籍企業の海外経営』日本評論社、263頁

・2012年 共著『インドvs. 中国―二大新興国の実力比較』日本経済新聞出版社

・2010年 共著『国際金融危機後の中国経済』(21世紀政策研究所叢書)勁草書房、277頁

・2009年 共著『中国の外資政策と日系企業』(21世紀政策研究所叢書)勁草書房、184頁

・2008年 共著『海外進出する中国経済』日本評論社、299頁

・2007年 共著『東アジア社会・経済制度の現状と課題』、御茶の水書房、241頁

・2005年 共著『中国製造業のアーキテクチャ分析』東洋経済新報社、353頁

・2005年 共著『支援型産業の実力と再編-21世紀東アジアの中小企業』阿吽社、236頁

・2004年 共著『グローバル競争時代の中国自動車産業』蒼蒼社、336頁

・2003年 共著『現代中国ビジネス論』世界思想社、254頁

・2003年 共著 After the Asian Crisis: Schumpeter and Reconstruction, Berlin: LIT Verlag Müster, 539頁

・2002年 共著Japanese Foreign Direct Investment and the East Asian Industrial System, Berlin: Springer Verlag, 363頁

・2001年 共著『移行期の中国自動車産業』日本経済評論社、350頁

・2001年 共著『中国自動車産業の発展と技術移転』柘植書房新社、294頁

・2001年 共著Schumpeter and the Dynamics of Asian Development, Berlin: LIT Verlag Münster, 358頁

・1999年 共著『中国現階段経済分析』中国吉林人民出版社、270頁

・1998年 共著『中国経済と外資』アジア経済研究所、402頁

・1998年 共著Management Strategies of Multinational Corporations in Asian Markets, Tokyo: Chuo University Press, 283頁

・1998年 共著『中国自動車産業と日本企業』新評論、307頁

・1997年 共著『現代中国経済の分析』世界思想社、334頁

・1997年 単著『現代中国の自動車産業』(国際ビジネス研究学会賞受賞)信山社、266頁

・1995年 共著Fordism Transformed, Oxford: Oxford University Press, 320頁

■論文

・2013年 「汽車的社会成本与大気汚染治理」、 『清華大学汽車安全与節能学報』2013年第4巻第4号、 300-314頁

・2013年 “The Diversity of Capitalist Governance Models and the ‘Hybrid Central Path’”“GMC 13: Proceedings of the Ninth International Symposium on Global Manufacturing and China”,Published by Institute for Manufacturing, University of Cambridge, UK,IDS Number: BIB59 75-81頁

・2012年 単著「中国の原子力政策と原発開発―時期区分を中心として-」、『愛知大学国際問題研究所紀要』第139号、47-78頁

・2010年 単著「米中経済関係と中国版『グリーン・ニューディール』」、『ICCS現代中国学ジャーナル』(電子ジャーナル)、第2巻第1号、ICCS Journal of Modern Chinese Studies、38-63頁

・2008年 単著「中国自動車産業における製品開発競争-自主的イノベーション能力を中心に-」、『マネジメント トレンド』、Vol.13、No.3、経営研究所、27-44頁

・2006年 単著「産業発展と産業政策-自動車産業と情報通信産業を中心-」(学会共通論題招待論文)、『現代中国』、第80号、日本現代中国学会、43-63頁

・2006年 単著「中国自動車企業の製品開発-イミテーションとイノベーションのジレンマ-」、『国民経済雑誌』、第194巻第1号、神戸大学経済経営学会、27-45頁

・2005年 単著“Trends of Open Product Architecture and Internationalization of Private Companies in the Chinese Automobile Industry”、『経済論集』、第169号、愛知大学経済学会、267-302頁

・2003年 単著「フルセット型現地化と中国地場企業の競争戦略-製品アーキテクチャによる一試論-」(学会統一論題招待論文)、『国際ビジネス研究学会年報-中国経済と日本企業-』、第9号、国際ビジネス研究学会、17-37頁

・2003年 単著「中国自動車産業と製品アーキテクチャに関する一試論」、『マネジメント トレンド』、Vol. 8、No.2、経営研究所、62-75頁

・2000年 共著(藤本隆宏氏と)「中国国有自動車企業の製品開発システム-第一汽車と東風汽車の事例研究-」(査読付き論文)、『中国経営管理研究』、創刊号、中国経営管理学会、83-99頁

・1997年 単著“Origin of the Adoption of the Toyota Production System in China”(査読付き論文), Japanese Yearbook on Business History, Vol.14, Business History Society of Japan, pp.89-114.

・1997年 単著“From Lean Production to Lean Industry: Strategic Choices for The Chinese Automobile Industry”、『経済論集』、144-145合併号、愛知大学経済学会、61-82頁

・1996年 単著「中国におけるトヨタ生産方式導入の源流」(査読付き論文、経営史学会賞受賞)、『経営史学』、第31巻第2号、経営史学会、31-64頁

・1994年 単著「中国の乗用車生産における国産化戦略とサプライヤー・ネットワーク」(査読付き論文)、単著、3月、『産業学会研究年報』、第9号、産業学会、69-84頁

・1992年 単著「中国自動車産業における中間組織と分業関係」、『季刊中国研究』、第22号、社団法人中国研究所、55-114頁

■論文 [解説・コラム]

・2014年 「PM2.5と中国のクルム社会(その三)」、『東海日中貿易センター会誌』2014年3月1日、8-11頁

・2014年 「PM2.5と中国の大気汚染」、『 中部経済新聞』2014年3月18日、 8面

・2014年 「PM2.5と中国のクルム社会(その二)」、『東海日中貿易センター会誌』2014年2月2日、5-7頁

・2014年 「PM2.5と中国のクルム社会(その一)」、『東海日中貿易センター会誌』2014年1月1日、11-12頁

・2014年 「北京治堵不能光靠限購限行」、『新華社国際先駆導報20面 』2014年1月17日、20面

・2013年 「治理交通擁堵可借鑑“東京模式” 」、『中国汽車報 』2013年10月21日、A12面

■書評

・2001年3月、「関満博著『日本企業・中国進出の新時代』」、単著、『地域開発』、第439号、財団法人・日本地域開発センター、34-35頁

■学会等報告

・2013年9月 “Opportunities in Manufacturing Servitization” , Invited paper presentation for the Ninth International Conference on Global Manufacturing and China, Zhejiang University & the University of Cambridge, Hangzhou, China.

・2013年9月 “日本交通擁堵的解决方案”, 中国汽車産業発展論壇。

・2013年9月 “汽車的社会成本与東京模式”, 清華大学汽車工程系学術沙龍

・2013年7月 “汽車的社会成本与交通戦争”, 清華大学汽車工程系。

・2013年6月 “日本側からみた中国経済の展望と今後の課題”, 「人間文化研究機構公開ワークショップ『日中経済関係の構造的変化と今後の課題』」

・2012年11月 “Industrial Policy and Supply Chain of the New Energy Vehicle Industry in China”, Invited paper presentation for 10th GLOBELICS, Zhejiang University, Hangzhou, China.

・2012年11月 “The Diversity of Capitalism and the 'Bureaucratic Pluralism'”, Invited paper presentation for 8th Beijing Forum, “Rethinking Capitalism in the Post-crisis World”, Diaoyutai State Guest House, Peking University, Beijing, China.

・2012年9月16日 “中国制造业的国际竞争力及其与日美的国际比较”, 清華大学日本研究中心第3次香山会議, 北京, 香山飯店。

・2012年6月 “中国の原子力政策と原発開発 ”,中国経済学会第11回全国大会、立正大学

・2011年11月 “中印企業によるクロスボーダーM&Aの国際比較-自動車産業を中心に-”,中国経営管理学会2011年秋季研究集会「企業成長と経営の国際比較:中国とインド」、龍谷大学

・2011年10月 “新興国によるクロスボーダーM&Aの国際比較-中印自動車産業を中心にー ”,国際ビジネス研究学会第18回全国大会、富山大学

・2011年9月 “Where will the third industrial revolution play out? A perspective from the study on new energy industry ”,Invited presentation for the 7th International Conference on Global Manufacturing and China, Zhejiang University, Hangzhou, China.

・2011年6月 “Industrial Policies, the Business Model of BYD and the China’s ‘Green New Deal’”, Invited paper presentation for GERPISA International Network 19th International Colloquium, Paris, France.

・2010年5月 “The Sino-US economic relationship and the China’s ‘Green New Deal’”, Shanghai Forum 2010,“New Energy and Low-Carbon Economy: The Engine for Asia Economic Transformation”,Fudan University, Shanghai, China.

・2006年12月 “Internationalization of the Chinese Firms in the U.S. Market”,愛知大学21世紀COEプログラム・国際中国学研究センター(ICCS)主催・国際シンポジウム「国際中国学方法論之構建」(中国人民大学・中国科学院共催)、北京.

・2006年9月 “Strategic Alliances between Sino-Japanese Firms”, Invited paper presentation for the 11th Cambridge International Manufacturing Symposium, Institute for Manufacturing, University of Cambridge, Cambridge, UK.

・2005年11月 “Chinese Automobile Industry and Product Architectures”, Keynote Speech for the First International Symposium on Global Manufacturing and China, Zhejiang University (P.R. China) & University of Cambridge (UK), Hangzhou, China.

・2004年10月 “Strategic Alliances of Chinese, Japanese and U.S. Firms in the Chinese Manufacturing Industry: The Impact of 'China Prices' and Integrated Localization”, Invited Paper Presentation for the Fairbank Center for East Asian Research, Harvard University, Cambridge, Massachusetts, U.S.A..

・2004年5月 “Motorization and Environmental Problems in China: Traffic Fatalities, Vehicle Emission and Traffic Congestion”, Invited paper presentation for the MIT International Motor Vehicle Program (IMVP) Researchers Meeting, MIT, Cambridge, U.S.A..

・2004年5月 “Toyota-Group in China and the “TPS Seminars”, Invited paper presentation for “Supply Chain Capabilities” session, IMVP Researchers Meeting, MIT, U.S.A..

・2003年2月 “Etat actuel et perspective de l’industrie de l’automobile en Chine”, Colloque international: L’Intégration économique régionale en EU et Asie de l’est --Etat actuel et perspective--, Organisé par Nagoya City University, coorganisé par l’Association France-aichi et soutenu par l’Ambassade de France au Japon et la Société de l’Economie franco-japonaise, Le colloque aura lieu au Centre International de Nagoya, Japan.

・2003年2月 “The Growth of the Chinese Manufacturing Industry and Strategic Alliances of Sino-Japanese Firms”, Invited paper presentation for the International Symposium for the Foundation of Shanghai Center for Economic Research, Kyoto University, International Symposium on “China’s Economics Development and Structural Change in East Asia”, Kyoto University, Japan.

・2000年12月 “Origin of the Adoption of the Toyota Production System in China”, Invited paper presentation for the First Global Conference on "New Business Paradigm", Indian Institute of Technology ( IIT), New Delhi, India.

・200年11月“Technology Transfer of the Toyota Production System in China”, Invited paper presentation for The 19th Annual Hosei University International Conference, Tokyo, Japan.

・2000年9月 “The Impact of Globalization on the Chinese Automobile Industry: Policy Assessments and Typology of Strategies”, Invited paper presentation for the International workshop by Aichi University and Bremen University, Toyohashi, Japan.

・2000年6月 “The Impact of Globalization on the Chinese Automobile Industry: Policy Assessments and Typology of Strategies”, Invited paper presentation for the 8th GERPISA International Colloquium, Palais du Luxembourg, Paris, France.

・1999年10月 “Origin of the Adoption of the Toyota Production System in China”, Invited paper presentation at Euro-Asia Management Studies Association 16 Annual Conference "The Future of the Relations between Europe and Asia: Economic and Managerial Perspectives", Erasmus University Rotterdam, the Netherlands.

・1998年9月 “Origin of the Adoption of the Toyota Production System in China”, Invited paper presentation for International Conference "Schumpeter and the Dynamics of Asian Development", Bremen University, Bremen, Germany.

・1998年6月 “Origin of the Adoption of the Toyota Production System in China”, Invited paper presentation for GERPISA International Network Sixth International Colloquium, Paris, France.

・1998年6月 “Panel Discussion: The Asian Economic Crisis”, Presented for GERPISA International Network Sixth International Colloquium, Palais du Luxembourg, Paris, France.

・1996年11月 “Localization Strategy of the European Firms in the Chinese Market”, Invited paper presentation for 13th Annual Conference of Euro-Asia Management Studies Association (EAMSA), Chuo University, Tokyo, Japan.

・1996年6月  “Different Strategies of Localization in the Chinese Auto Industry”, Invited paper presentation for the MIT/IMVP Annual International Conference (The International Motor Vehicle Program, Massachusetts Institute of Technology, U.S.A.), Sao Paulo, Brazil.

その他:Others

■受賞歴

・1997年 第2回国際ビジネス研究学会賞受賞 受賞作品:李春利『現代中国の自動車産業』、単著、信山社、1997年。
・1997年 第2回経営史学会賞受賞、受賞作品:李春利「中国におけるトヨタ生産方式導入の源流」(査読付き論文)、単著、『経営史学』、第31巻第2号、経営史学会、31-64頁、1996年7月。

■研究プロジェクト

・2008年度~2010年度科学研究費補助金(基盤研究B)、「海外経営における企業間分業とネットワーク-日中企業比較-」(研究分担者)

・2008年度~2010年度科学研究費補助金(基盤研究A)、「西部大開発をめぐる日中共同の実証的研究」(研究分担者)

・2006年度~2009年度科学研究費補助金(基盤研究A)、「アジアの製造業における組織能力と製品アーキテクチャの動態的比較分析」(研究分担者)

・2004年度~2006年度科学研究費補助金(基盤研究A)、「中国経済国際化のインターフェイスと制度革新に関する国際調査」(研究分担者)

・2003年度~2005年度科学研究費補助金(基盤研究A)、「中国製造業の国際競争力と日本企業の開発、生産戦略-製品アーキテクチャの視点から-」(研究分担者)

・2002年度~2006年度文部科学省21世紀COEプログラム、「愛知大学国際中国学研究センター」(事業推進委員)

・2002年度日本証券奨学財団研究助成、「IT革命の政治経済学:中国の情報通信産業の発展とWTO加盟のインパクトに関する研究」(研究代表者)

・2000年度~2001年度科学研究費補助金(萌芽的研究)、「戦略資源の政治経済学:中国の石油需給ギャップと主要消費産業に関する技術経済分析」(研究代表者)

・1998年度~1999年度科学研究費補助金(奨励研究A)、「中国のモータリゼーションと排出ガス問題に関する総合的研究-地球温暖化問題への産業論的アプローチ-」(研究代表者)

・1996年度トヨタ財団研究助成、「中国の自動車普及に伴う社会的費用と都市環境問題の現状と対策に関する研究」(研究代表者)

■所属学会

中国経済学会、中国経営管理学会、現代中国学会、国際ビジネス研究学会、経営史学会、GERPISA、GLOBELICS



新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ