ICCS 国際中国学研究センター

組織

文字サイズ:標準  最大印刷

一覧へ戻る

戸川 貴行 [ ICCS研究員 ]


プロフィール


出身
学校
九州大学人文科学府 博士(文学)号取得
専門
分野
前近代の中国雅楽論、古代中国政治文化史論
研究
テーマ
古代中国の儀礼音楽史
経歴九州大学専門研究員
日本学術振興会特別研究員PD(東京大学)

主要な著書・論文

著書

・2015年 単著『東晋南朝における伝統の創造』汲古書院、220頁

・2016年 分担著「漢唐間における郊廟雅楽の楽曲通用-皇統と天の結びつきからみた-」(川原秀城編『中国の音楽文化-三千年の歴史と理論-』勉誠出版、29~44頁)

書評

・2014年 「書評:渡辺信一郎『中国古代の楽制と国家―日本雅楽の源流』」『史学雑誌』第123編11号、89-95頁

論文

・2014年 単著「東晋南朝における雅楽について-郊廟儀礼との関連からみた-」(『九州大学東洋史論集』第42号)、97~119頁

・2014年 単著「僑民の土着化と文化の変容-『世説新語』を手がかりとしてみた-」(『東洋学報』第96巻第3号)、1~26頁

・2015年 単著「東晋南朝における民間音楽の導入と尺度の関係について」(『東洋史研究』第73巻第4号)、39~70頁

・2015年 単著「漢六朝における国家儀礼の関係性について」(『日本秦漢史研究』第16号)、1~27頁

・2016年 単著「隋文帝「亡国の音」考-中国古代における新音程の正当化-」(『歴史学研究』第945号)、1~14頁

・2016年 単著「大中小祀の成立-北朝の楽曲編成からみた-」(『中国―社会と文化』第31号)、79~94頁

学会報告

・2015年2月 「古代東アジアにおける雅楽改革と元嘉暦」東アジア儀礼文化研究会、國學院大学

・2015年3月 「古代東アジアにおける礼楽制度の相関性と自立化」東方学会若手論壇、早稲田大学

・2015年11月 「東晋南朝における伝統の創造」人文科学研究所公開研究会、中央大学

・2015年12月 「大中小祀の成立-北朝の楽曲編成からみた-」九州史学会、九州大学

・2016年7月 「漢唐間における郊廟雅楽について」宋代史談話会、大阪市立大学

・2016年9月 「推古朝の迎賓儀礼と建康中心の天下観」「7世紀東アジア世界における文化的多様性とその淵源についての研究」研究会、東京大学

受賞歴

・2012 年 第31回「東方学会賞」

研究プロジェクト

・2011年度学習院大学東洋文化研究所「東アジア学」共創研究プロジェクト「東アジアにおける都城構造の新研究-六朝建康を中心として-」

・2012年度-2014年度科学研究費補助金・特別研究員奨励費「古代中国における伝統の創造について-六朝隋唐を中心としてみた-」

・2015年度高梨学術奨励基金「古代東アジア儀礼音楽の比較研究」

所属学会

・史学会

・史学研究会

・東北中国学会



新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ