ICCS 国際中国学研究センター

組織

文字サイズ:標準  最大印刷

一覧へ戻る

滕 媛媛 [ ICCS研究員 ]


プロフィール


出身
学校
東北大学大学院 博士(経済学)号取得
専門
分野
都市経済学、社会地理学
経歴東北大学博士研究員を経て2017年2月より現職
所属
学会
日本都市学会、東北都市学会、日本都市計画学会

主要な著書・論文

論文

・2013年 単著 「中国におけるニュータウン開発とその研究動向の書誌学的検討」(「東北経済学会誌」第67号)、13~19 頁

・2013年 修士学位論文 「中国におけるニュータウン開発ブームに関する研究:江西省南昌市紅谷灘新区を事例として」(東北大学)

・2016年 博士学位論文 「中国都市における新市区建設とその社会空間構造に関する研究」(東北大学)

学会報告

・2016年10月 「中国における都市新市区住民の住宅選択と定住意識:江西省南昌市紅谷灘新区を事例として」 日本都市学会第63回大会、愛知県岡崎市の図書館交流プラザ(りぶら)

・2016年9月 「中国における都市新市区の居住者の属性と居住地選択:新市区住民と旧市区住民との比較から」 日本地理学会2016年秋季学術大会、東北大学

・2016年4月 「Residential Segregation in China’s New Towns: Evidence from Nanchang Honggutan New District」 AAG Annual Meeting、Hilton San Francisco Union Square

・2015年11月 「中国の都市新市区における居住分化に関する実態調査:江西省南昌市を事例として」 第69回東北経済学会、東北学院大学

・2015年10月 「コペンハーゲンにおける建築物の用途転換(コンバージョン)に関する考察」 東北地理学会 2015年秋季学術大会、上越教育大学

・2013年9月 「中国におけるニュータウン開発とその研究動向の書誌学的検討」、第67回東北経済学会、東北大学

・2013年9月 「中国におけるニュータウン建設に伴う社会階層の空間的分化」 東北都市学会秋田大会、横手市Y2プラザ

・2013年8月 「Panel Survey of Corporate Activity on Damage and Recovery in Tohoku Region after the 3.11 Great East Japan Earthquake」 International Symposium on city planning 2013 (Poster)、東北大学

・2013年3月 「中国におけるニュータウンのコミュニティの階層分化実態調査:江西省南昌市紅谷灘新区を例として」日本都市計画学会東北支部 2013年南東北研究発表会、郡山市市民交流プラザ



新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ