ICCS 国際中国学研究センター

組織

文字サイズ:標準  最大印刷

一覧へ戻る

鈴木 規夫 [ 所員 ]

プロフィール:Profile

出身学校:上智大学文学部・中央大学大学院法学研究科・成蹊大学大学院法学政治学研究科
学位:文学士・法学修士・博士(政治学)
専門分野:政治哲学・イスラーム研究
関連分野:国際政治学・平和研究・宗教学
研究テーマ:近代性とイスラーム政治哲学/スフラワルディー/イメージングと政治/イスラームにおける中国

業績:Academic Achievements

■著書

・2015年 共著「小川晴久・張践・金彦鍾編『日中韓思想家ハンドブック(項目執筆)』」,勉誠出版、320頁
・2013年 編著「イメージング・チャイナ―印象中国の政治学―」,国際書院、243頁(序、跋、第6章)
・2013年 共著「岩佐・金編『21世紀の思想的課題』」,国際書院、319-347頁
・2013年 共著「松下・山根編『共鳴するガヴァナンス空間の現実と課題』」,晃洋書房、269−282頁
・2010年11月 共著「民主主義・平和・地球政治」,第5章 世界政治論におけるイスラーム政治神学,日本経済評論社 加藤哲郎・丹野清人編 p.145-180
・2010年4月 共著「世界政治を思想するⅠ」,国際書院
・2009年 単著「現代イスラーム現象―その恐怖と希望―」,国際書院
・2008年 単著「光の政治哲学―スフラワルディーとモダン―」,国際書院
・2005年 共著「グローバリゼーションと東アジア」,中央大学出版社
・2004年 共著「グローバル時代の平和学 第一巻」,法律文化社

■論文

・2016年 「ダーイシュ幻想―新たな〈世界観闘争の時代〉に 」,『現代思想2016年1月臨時増刊号 総特集◎パリ襲撃事件 -新しい<戦争>の行方』第43卷
・2013年 「尾崎秀実におけるインテリジェンス概念の革新」,『武蔵野大学 政治経済研究所年報』第8号、35—51頁
・2013年「<「実学」の転回>ノート」,『自然と實學』第4号、69-87頁
・2006年 単著「鏡としてのマイノリティー―フランス2005年秋の場合―」
・2004年 単著「イスラームから見た『世界と日本』」
・2004年 単著「イスラームとナショナリズム」
・2004年 単著「日本伊斯蘭研究的回顧与反思」,北京大学国際関係学院

■論文 [解説・コラム]

・2010年4月 「イスラームと平和」 早稲田平和学研究第3号

■学会発表

・2015年11月 「実心実学概念とイスラーム」,第13回東アジア実学国際学術大会(2015年11月28日 韓国学中央研究院、実学博物館)
・2015年11月 「“冷戦后日本社会文化的変化及対中日关系的影响”冷戦後日本における世界秩序規範受容の変化をめぐる諸問題—現代日中関係の基層としての50 年問題をふまえて—」,第25届国際研討会(2015年11月7日 复旦大学日本研究中心)
・2015年10月「「An International Seminar on The Meaning of Becoming an Adult in East Asia at Willamette University」Religious Elements in Ritualizing: Confucianized Muslim and adulthood Imaging “A Confucian-Islamic Connection”」 (2015年10月22日 Willamette University)
・2015年10月「中東が抱える問題の歴史背景―中東地域概念のメルトダウン」,神言修道会の正義と平和協議会勉強会 (2015年10月4日 カトリック南山教会マリアホール)
・2015年9月 「ダーイシュのポピュリズム―押しつけられた『デモクラシー』の隘路」,立命館大学ポピュリズム研究会」(2015年9月2日 キャンパスプラザ京都6階第1演習室)
・2015年6月 「中東地域概念のメルトダウン―ダーイシュの位置づけをめぐって」,アジア・アフリカ研究所5-6月例研究会,(2015年6月13日 法政大学市ヶ谷キャンパス)
・2015年5月 「近期日本政治与外交分析」,復旦大学日本研究中心研究会(招待講演),(2015年5月26日 復旦大学日本研究中心 )
・2014年3月「『中国に科学はない』か?ヨーロッパ近代知と日中関係の諸相(2)」,(西北民族大学民族学与社会学学院“周三学術論壇”講演、西北民族大学民族学与社会学学院)
・2014年3月「『中国に科学はない』か?ヨーロッパ近代知と日中関係の諸相(1)」,(蘭州大学民族学院西北少数民族研究中心講演、蘭州大学民族学院西北少数民族研究中心)
・2013年12月 「〈中国回教社会の構造〉にみる回漢混合社会論の陥穽」,平成25年度科学研究費補助金基盤研究「S」「牧畜文化解析によるアフロ・ユーラシア内陸乾燥地文明とその現代的動態の研究」第9回国際ワークショップ「中国北部辺境地域における多民族地域社会の再編」、名古屋大学国際開発研究科(8Fオーディトリアム)
・2013年11月 「尾崎秀実におけるインテリジェンス概念の革新」,地域文化学会月例研究会、中大理工学部後楽園キャンパス
・2013年11月 「南原繁と国際政治秩序―政治哲学の一環としての国際政治学―」,第10回南原繁シンポジウム「南原繁と国際政治」、学士会館
・2013年9月 「尾崎秀実におけるインテリジェンス概念の革新」, ゾルゲと上海国際情報戦国際シンポジウム、上海師範大学
・2011年2月 「方法としての一即多/多即一 ―イスラームにおけるタウヒードと東アジア共生―」, 富山大学東アジア「共生」学学際的融合研究 第一回国際シンポジウム :富山国際会議場
・2010年12月 「シャロームとパックスとサラームとのあいだ -アブラハムの信仰の封印としてのイスラーム-」,武蔵野大学政治経済研究所:武蔵野大学8201教室
・2010年10月 「コトバの学としてのイスラーム神学 ―スポータからカラームへ―」,愛知大学言語学談話会公開講座 愛知大学車道校舎
・2010年8月 What is Islam for Modern Japanese? International Relations Forum at Department of International Relations,University of Muhammadiyah Malang :University of Muhammadiyah MalangHall
・2010年8月 「イスラーム政治神学と日本 ―政治神学をめぐる理論的諸問題―」,石河子大学法政学院イスラームの論理と文化研究所・愛知大学国際中国学研究センター共同ワークショップ :石河子大学政法学院二楼会议室
・2010年4月 「近代日本における<宗教>概念の展開とイスラーム」,新疆師範大学歴史民族学院研究会  

その他:Others

■所属学会

政治学会、政治思想学会、平和学会、国際政治学会、BRISMES 等



新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ