ICCS 国際中国学研究センター

組織

文字サイズ:標準  最大印刷

一覧へ戻る

薛 鳴 [ 所員 ]

プロフィール


  • 出身学校・学位:中国東北師範大学外国語学部 大阪大学大学院 修士(文学)
  • 専門分野/研究テーマ:社会言語学、日中比較言語学/日中言語行動の比較研究

業績:Academic Achievements

■著書

・2015年 薛鸣·陈于华(共著)「日本中华学校的双语教育及其意义-以神户中华同文学校为例 ≪国际汉语教育≫外语教育与研究出版社第一辑 2015 98‐108页

・2014年11月 共著『不同语言、文化和政策环境下的汉语教学』 学林出版社 洪历建主编 305-314頁

・2013年 薛鸣·鲁晓琨(共著)「[は]和[が]在信息表达上的区別 」,『言語と文化』 愛知大学 語学教育研究室 第28号 2013 89-98页

・2010年03月 著書(学術書[共]) 「言語とコミュニケーション」 ,好文出版 中京大学社会科学研究所言語と社会研究プロジェクト編 全160ページ pp.69-119

・2002年 単著『握手之邦与鞠躬之邦』,内蒙古人民出版社 2002 159页

■論文

・2014年2月 共著「敬語コミュニケーションを阻害する文化的な違いについて―日中の『親しくなること』『親しくなるためのストラテジー』の相違を中心に」,『待遇コミュニケーション研究』11号 薛鳴・坂本恵 86-101頁

・2013年1月 共著「[は]和[が]在信息表达上的区别」,『言語と文化』第28号 愛知大学語学教育研究室 薛鳴、魯暁琨 pp.89-98

・2012年1月 共著「在日中国人子女の言語使用意識とエスニシティ ―ある中華学校でのアンケート調査から―」,『言語と文化』第26号 愛知大学語学教育研究室紀要 薛鳴・陳於華 全19ページ

・2010年7月 単著「『留学という文化』の特集にあたって」,『中国21』Vo.l33 特集「留学という文化」 愛知大学現代中国学会 全4ページ

・2012年8月 学会等発表(ポスター発表[共])「日本語母語話者・中国語母語話者間の敬語コミュニケーションを阻害する文化的な違いについてー断りを中心に」, 2012年日本語教育国際研究大会 坂本恵、薛鳴

■学会等発表

・2014年8月 「日本中华学校的双语教育及其意义ー以神户中华同文学校为例―」,アジア太平洋地域国際漢語教育第六回研究大会 

・2013年8月 「浅談漢語複句教学―以日本学生為例」,第五届亜泰地区国際漢語教学学会年会(メルボルン2013) 

・2012年8月 「日本語母語話者・中国語母語話者間の敬語コミュニケーションを阻害する文化的な違いについてー断りを中心に」, 2012年日本語教育国際研究大会 坂本恵、薛鳴

・2011年8月 「敬語コミュニケーションを阻害する文化的な違いについて -日中の考え方、習慣、社会のあり方の相違-」, 2011年世界日本語教育大会(於天津外国語大学) 坂本恵・薛鳴

・2011年8月 「[は]和[が]的区别探索」,第三回漢日対比語言学研究会(於杭州師範大学)魯暁琨·薛鳴

・2010年3月 「在日中国人子女の言語使用意識とエスニシティ」,共同研究会 日本における移民言語の基礎的研究 国立民族学博物館

■その他

・2013年3月 「中国理解のキーワード ハンドブック」,『現代中国』第4版 愛知大学現代中国学部編 あるむ 全252ページ、p.9担当

・2012年12月 「受身表現の“被高速”現象―中国語の新用法から―」,『Lingua』第1号 愛知大学語学教育研究室 pp.20-22

・2012年4月 「日本的中国留学生-来自日本语教育现场的报告」,『中日教育論壇』第二期 pp.1-5

・2011年12月 「拆哪儿?―最新中国語おもしろ探訪」,『Goken News』No26 愛知大学名古屋語学教育研究室 全2ページ

・2010年7月 「留学という生き方」,『中国21』Vol.33号 愛知大学現代中国学会 全28ページ

・2008年4月 「中国理解のキーワード ハンドブック」,『現代中国』 第3版 愛知大学現代中国学部編 あるむ



新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ