ICCS 国際中国学研究センター

組織

文字サイズ:標準  最大印刷

一覧へ戻る

伊東利勝 [ 所員 ]

プロフィール:Profile


  • 出身学校・学位:成城大学経済学部 同大学院 経済学修士
  • 専門分野/研究テーマ:(学部)経済史。コンバウン王朝ミャンマーの農村社会/民衆運動史/東南アジア大陸部古代史 (院)ミャンマー経済史。コンバウン王朝ミャンマーの農村社会/ミャンマー民衆運動史/東南アジア大陸部古代史 

業績:Academic Achievements


■主要著書

・2011年3月 共著「ミャンマー概説」めこん 9-14頁, 17-32頁, 37-40頁, 88-111頁, 683-708頁

■論文

・2015年2月 「前近代ビルマ語世界における『百一の人種』について」,『文學論叢』151輯,愛知大学文學会 1-33

・2013年6月 「コンバウン王国前期における村落コミュニティについて」,『文學論叢』第148輯 愛知大学文学会 1-30頁

■論文 [解説・コラム]

・2012年10月 単著「エーヤーワディー川に育まれた歴史―バガンからマンダレーへ―」,『クルーズトラベラー』3号 55頁

・2012年8月 単著「ミャンマーと民族問題」,『ワセダアジアレビュー』 30-35頁 

・2012年3月 単著「1856~58年『カレンの反乱』のカレンについて」,『愛大史学』第21号愛知大学歴史・地理学コース 45-92頁

・2011年3月 単著「ビルマ古典歌謡カレン・オーダンの眼差し」,『愛大史学』第20号愛知大学人文社会学科 43-78頁

・2009年2月 単著「コンバウン朝ミャンマーにおける地租制度の導入について―タッタメーダ税に関する1864年法令を中心として」,『愛知大學文學論叢』第139輯 47-78頁

■学会等報告

・2013年1月 「漂流する歴史学―科学的実証的歴史学批判―」,『愛大史学』第22号 35-69頁

・2014年3月 千年王国運動と地域研究「地域研究スピリッツの継承―石井米雄を語る―」京都大学地域研究統合情報センター

■研究発表

・2011年12月 「1856-1858年『カレンの反乱』について」, 第5回 前近代社会へのまなざし研究会,愛知大学豊橋校舎

・2011年1月 「ビルマ古典歌謡の中に見られる『民族』観」,第3回 前近代社会へのまなざし研究会,愛知大学豊橋校舎

・2010年7月 「前近代『農村』社会へのまなざし」, 第2回 前近代社会へのまなざし研究会,愛知大学豊橋校舎

■史料データベース

・2008年8月 Documents of Myanmar Socio-Economic History, Volume XI, http://taweb.aichi-u.ac.jp/DMSEH/

■その他:Others

・2015年2月 単著「ミャンマー地図閲覧システム」改訂版

・2014年5月 髙橋昭雄著『ミャンマーの国と民―日緬比較村落社会論の試み』明石書店,2012年 『東南アジア―歴史と文化』(東南アジア学会) 117-120

・2012年12月 ミャンマー地図閲覧システム USBメモリスティクで配布 伊東利勝 8.76GB



新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ