ICCS 国際中国学研究センター

組織

文字サイズ:標準  最大印刷

一覧へ戻る

名和 聖高 [ 所員 ]

プロフィール:Profile


  • 所属 愛知大学地域政策学部教授
  • 出身学校・学位 静岡大学人文学部 社会科学士
  • 専門分野・研究テーマ 国際ビジネス実務/国際商取引契約/国際商事仲裁

業績:Academic Achievements


■主要著書

・2009年5月 共著『研究者たちの港湾と貿易』,成山堂 87~104頁

■論文

・2014年6月 「越境地域の経済連携-大メコン圏経済回廊と越境交通協定」,愛知大学三遠南信地域連携研究センター『越境地域政策への視点』 戸田敏行編著 73-83頁

・2014年3月 日本港湾経済学会 『港湾経済研究』No.52 全185頁 127-135頁

■論文 [解説・コラム]

・ 2013年3月 単著「カンボジアにおける経済特区の現状と課題」,『港湾経済研究』No.51 日本港湾経済学会 237~247頁

・2010年3月 単著「GMS南部沿岸経済回廊の現状と課題」,『港湾経済研究』No.48 日本港湾経済学会 53~64頁

・2009年11月 単著「GMS南部沿岸経済回廊の展望」,『海外投融資』2009年11月号 財団法人海外投融資情報財団 27~33頁

・2008年7月 単著「カンボジアにおける外資導入とGMS南部経済回廊・シハヌークビル港との相関」,『海外投融資』2008年7月号 財団法人海外投融資情報財団 50~55頁

■学会等報告

・2013年8月 「GMS南部経済回廊の新たな展開」,第52回日本港湾経済学会全国大会(富山高等専門学校)

・2013年3月 「ミャンマーのビジネス環境」,豊橋信用金庫  

・2013年3月 「ミャンマーのビジネス環境」,群馬銀行

・2012年9月 「ミャンマー投資環境視察ミッション報告」,国際機関日本アセアンセンター 

・2012年8月 「カンボジアにおける経済特区と港湾」,日本港湾経済学会第51回全国大会(同志社大学)

・2009年9月 「GMS南部沿岸経済回廊の現状と課題」,日本港湾経済学会第48回全国大会(九州国際大学)



新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ