ICCS 国際中国学研究センター

組織

文字サイズ:標準  最大印刷

一覧へ戻る

村松 幸広 [ 所員 ]

プロフィール:Profile


  • 出身学校・学位:愛知大学法経学部 同大学院 経済学修士
  • 専門分野・研究テーマ:消費者行動論。消費者行動の国際比較

業績:Academic Achievements


■著書

・2010年3月 共著『現代流通論』,同文館 村松幸廣、村松潤一、井上祟通 18ページ

・2010年12月 単著『日本の温暖化対策』,世界銀行プロジェクト研究(北京)

■学会等発表

・2012年3月 「中国の80年代生まれの若者(80后)の消費者行動」,日本広告学会

・2011年9月 「中国の消費者行動変化と小売流通のあり方」,日本広告学会・消費経済学会

・2010年8月 「日本の小売マーケティング及び流通の現状と課題」,日本広告学会

・2009年12月 「経済危機における日本小売企業のマーケティング戦略」,中国流通シンポジウム(北京マリオットホテル)

・2008年6月 「中国の小売流通の現状と課題」,アジア市場経済学会

■研究報告

・2012年9月 「つくばの開発」,北京市商業開発委員会

・2012年9月 「日本の小売流通の史的展開」北京首都経済4貿易大学



新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ