ICCS 国際中国学研究センター

新着情報

文字サイズ:標準  最大印刷

2019年3

先月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 来月

愛知大学国際中国学研究センターでは、以下のとおり、日中農業問題研究会2018年度ミニシンポジウムを開催致します。


日 時:2019年3月10日(日)13:00~17:30
会 場:愛知大学名古屋校舎 厚生棟3階W31会議室
テーマ:愛知大学ICCS日中農業問題研究会2018年度ミニシンポジウム
       ―現代中国農業の研究方法をめぐって-
備 考:
参加無料・申込不要

主催:愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)

【プログラム】
13:00~13:10 シンポジウムの趣旨 ICCS運営委員・元所長 高橋五郎(進行)

◆<ゲスト報告>13:10~14:10(15分間質疑応答を含む)
 
”日本化”する?中国農業
―「アズキと東アジア」「WTO体制下の中国農業・農村問題」の視角からー
田島俊雄(東京大学名誉教授) 

◆<ICCS日中農業問題研究会メンバー報告>(あいうえお順)14:10~17:00

第一報告 14:10~14:30
中国農業問題との対話:私の中国農業問題研究方法の骨格
大島一二(桃山学院大学)

第二報告 14:30~14:50
日中農業問題の研究法:私の日中農業問題研究の方法の骨格
金 湛(南九州短期大学)

第三報告 14:50~15:10
日系食品企業における中国国内販売の拡大可能性に関する研究
佐藤敦信(追手門学院大学)

休憩10分間

第四報告 15:20~15:40
土から探る中国に於ける農業問題-土は社会を反映する-
高橋五郎(愛知大学)

第五報告 15:40~16:00
日中農業問題における研究方法
滕 媛媛(大阪商業大学)

第六報告 16:00~16:20
中国調査・研究方法
西野真由(愛知県立大学)

第七報告 16:20~16:40
農民工の調査・研究方法論
―「絶えざる活発な意欲」と「シンパシー」に基づく調査・研究方法論の限界―
原田 忠直(日本福祉大学)

第八報告 16:40~17:00
現代中国農業問題方法論研究     
安達満靖(中亜食農研究所)

◆<全体質疑> 17:00~17:30(進行 滕 媛媛)


ファイルイメージ

ポスター



Posted by サイト管理者 at 11時17分 記事URL

愛知大学国際中国学研究センター後援事業、東海日中関係学会主催宮本雄二元駐中国特命全権大使特別講演会を開催いたします。

詳細につきまして、下記PDFにてご確認ください。

※お問い合わせ先が愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)ではございませんので、ご注意ください。

     
     
     



ファイルイメージ

ポスター



Posted by サイト管理者 at 11時20分 記事URL

 愛知大学国際中国学研究センターと中国人民大学哲学院による共催の学術座談会(サロン)が、2019年1月3日午後、中国人民大学人文楼500会議室で開催されました。中国人民大学哲学院の林美茂教授が司会を務め、愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)周星所長が「日常生活の文明化」を題として、現代中国社会における文明化運動の系譜や現状及び最新の動きなどについて口頭発表を行いました。中国社会科学院日本研究所元所長高洪研究員、同所の金莹研究員がコメントを述べた後、質疑応答が行われました。今回の学術座談会には愛知大学大学院中国研究科デュアルディグリープログラムの博士課程の学生も参加しました。
     
     
     




Posted by サイト管理者 at 11時20分 記事URL

愛知大学国際中国学研究センターでは、2018年度文化社会研究会主催の講演会を開催いたします。


日 時:2019年1月12日(土)13:00~15:00

会 場:愛知大学名古屋校舎 厚生棟3階 W31会議室

報告1『現代中国における「民俗旅遊」』

報告者 張 士閃 (山東大学教授・ICCS訪問教授)

報告2『麗江における観光の在り方の変化に関する分析』
   (透视丽江的旅游形象变迁)

報告者 宗 暁蓮 (国立民族学博物館 外来研究員)

司会&討論者:周星(愛知大学国際コミュニケーション学部教授)
       高明潔(愛大学現代中国学部 教授)

報告討論使用言語 中国語、日本語
※聴講無料・申込み不要

     
     
     



ファイルイメージ

ポスター



Posted by サイト管理者 at 11時20分 記事URL

開催会場を本館20階会議室から講義棟3階L305教室に変更致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛知大学国際中国学研究センターでは、以下のとおり、第31回ICCSシンポジウムを開催致します。


日 時:2018年12月22日(土)開場9:15、9:30~17:00
会 場:愛知大学名古屋校舎 講義棟3階L305 教室
テーマ:新時代の日中対話の試み
    ー現代中国学方法論の構築を求めてー
備 考:
参加無料・申込必要(下記参照)

主催:愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)
後援:一般社団法人 東海日中貿易センター

【プログラム】
<基調講演の部> 司会:劉柏林(愛知大学)
◆9:30~9:50 <問題提起>
 周星 愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)所長
 
◆9:50~10:50 <基調講演Ⅰ>
 講演者:高洪(中国社会科学院日本研究所元所長、研究員)
 演 題:「今日の中国にとって日本はまだ重要か、なぜか」

◆11:00~12:00 <基調講演Ⅱ>
 講演者:高橋五郎(愛知大学ICCS元所長、愛知大学現代中国学部教授)
 演 題:「私の現代中国学の方法-中国における土と農からの考察-」

◆12:00~13:00 休憩**

<研究班発表・討論の部> 司会:劉柏林(愛知大学)
◆13:00~14:00 政治・外交班 報告討論 <座長:劉柏林(愛知大学)>
 テーマ:日中歴史対話と和解学
 報告者: 劉傑(早稲田大学教授)
 演 題: 「日中歴史対話と和解学」
 コメンテーター:高洪(中国社会科学院日本研究所)、金瑩(中国社会科学院日本研究所)、加治宏基(愛知大学)、鈴木隆(愛知県立大学)、川村範行(名古屋外国語大学)

◆14:10~15:10 文化・社会班 報告討論 <座長:高明潔(愛知大学)>
 テーマ:中国社会・文化研究に当たって
 報告者:王建民(中国中央民族大学民族学社会学学院教授)
 演 題:「多民族社会中国にどう向き合うべきか」
 報告者:田村和彦(福岡大学人文学部教授)
 演 題:「日本の人類学による中国研究の現状と可能性」
 コメンテーター:周星(愛知大学)、馬場毅(愛知大学名誉教授)

◆15:20~16:20 経済・環境班 報告討論 <座長:田中英式(愛知大学)>
 テーマ:中国農業問題との対話
 報告者:大島一二(桃山学院大学経済学部教授)
 演 題:「中国農業問題の研究方法」
 コメンテーター:原田忠直(日本福祉大学)、高橋五郎(愛知大学)

◆16:20~17:00 総合討論

---
■お問合せ・申込先:
 愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)
  E-MAIL:iccs-event(AT)ml.aichi-u.ac.jp
 ※上記メールアドレスの(AT)は@に置き換えてください。
 ※事前に上記の申込先までお申し込みください。申込方法は、氏名(フリガナ)、所属、
  電話、Eメールアドレスをご記入の上、Eメールでお申込みください(書式任意)。
※現在マイクロソフト社側の事情により、hotmail、outlookのフリーメールアドレスからのお申込は受付できますが、受付完了の返信メールが届かない状況になっておりますので、返信が必要な方はhotmail、outlook以外のメールアドレスにてお申込ください。
■申込期限:2018年12月21日(金)正午まで


ファイルイメージ

ポスター



Posted by サイト管理者 at 11時17分 記事URL

261 件中 15 件目を表示 1 2 3 4 ...53

次の5件 »


検索

カテゴリー

新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ