ICCS 国際中国学研究センター

新着情報

文字サイズ:標準  最大印刷

2017年9

先月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 来月

10月24日(金)~26日(日)の3日間にわたり、南京大学(中国江蘇省)において、国際シンポジウム「中国社会と中国研究」を開催しました。このシンポジウムは南京大学社会学部のほか、上海大学社会学部、イギリス・リーズ大学全英中国学研究所、世界大学連盟(WUN)等の共催により、国内外から100余名の中国研究専門家が参加して開催されました。


本学からは、高橋五郎所長のほか、周星国際コミュニケーション学部教授(本研究センター運営委員)、張琢現代中国学部教授(同)、宇都宮浩一ICCS研究員らが参加し、各自の研究報告をおこないました。研究報告のテーマは以下の通りです。

  • 高橋五郎 「中国研究和社会調査的重要性」
  • 張 琢  「中国30年経済社会変遷」
  • 周 星  「非物質文化遺産与中国文化政策」
  • 宇都宮浩一「中国個人所得税調整的功能和問題」

高橋所長による開会挨拶

高橋所長による開会挨拶


宇都宮研究員による報告

宇都宮研究員による報告



Posted by サイト管理者 at 12時06分 記事URL

URL

検索

カテゴリー

新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ