ICCS 国際中国学研究センター

新着情報

文字サイズ:標準  最大印刷

2017年9

先月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 来月

第一部「中国の環境問題および環境保護の政策と戦略」


第二部「中国における低炭素経済の進展および世界経済への影響」


日時:2009年10月29日(木)13:30~16:30

会場:愛知大学車道校舎10階K1004番教室 (名古屋市東区筒井2丁目10-31 地下鉄桜通線車道駅下車徒歩2分)

第一部講師:彭 近新(名古屋大学客員教授・中国環境保護省法律法規局元局長)

第二部講師:薛 進軍(名古屋大学教授)

概要:
今年12月のコペンハーゲン気候変動国際会議(COP15)では、ポスト京都議定書の交渉は大詰めを迎えており、なかでもCO2排出量が世界全体の21%を占め、米国を抜いて世界一になった中国の動向は世界中の注目を集めている。
今回のICCS公開講演会では、中国の環境政策・法律に関する多くの起草作業に参加し、全人代の首相報告「政府工作報告」の環境部分を担当した彭近新・中国環境保護部法律法規局元局長は、中国の環境政策の形成と成果を総括したうえで、中国が直面している産業構造およびエネルギー構造の転換の課題と対策について政策立案者の立場から検証する。薛進軍教授は、低炭素経済の理論と政策および各国の取り込み状況を踏まえて、中国の低炭素発展戦略およびその世界経済への影響を分析する。

申し込み:不要(聴講無料)

言語:中国語

通訳:有

後援:東海日中貿易センター

お問い合わせ先:こちら


チラシ

チラシ



Posted by サイト管理者 at 16時43分 記事URL

URL

検索

カテゴリー

新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ