ICCS 国際中国学研究センター

新着情報

文字サイズ:標準  最大印刷

2017年11

先月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 来月

2010年3月17(水)と18日(木)の2日間、本研究センターの構成員が中心となって展開する科研費A「西部大開発をめぐる日中共同の実証的研究」(研究代表:古澤賢治教授・ICCS運営委員)の研究報告会を本学車道校舎で開催しました。



今回は、本科研費現地調査受入機関である寧夏社会科学院と青海省社会科学院から8名の研究者をお招きし、国際的かつ多角的な研究集会となりました。


寧夏社会科学院参加者

寧夏社会科学院参加者

寧夏社会科学院および青海省社会科学院の双方からは、両地域をとりまく環境変化を背景とする実証的報告がなされ、そこから西部大開発政策が抱える課題と可能性が提起されました。

とりわけ、危機的状況にある水資源の管理体制改革を歴史的に考察し持続性可能性を高める試みのほか、学生の企業意識調査や日中の企業経営精神の比較を通じた中国西部地域への示唆的討究といった問題解決型の研究姿勢は、現代中国のダイナミズムを学術の場でも実感する機会となりました。


青海省社会科学院参加者(右側2名)

青海省社会科学院参加者(右側2名)

同時に、各地における民間風俗・信仰に関する研究報告もなされ、大規模開発プロジェクトによって不可視化されがちな地域基盤を問い直す視点も提示されました。


高橋五郎ICCS所長

高橋五郎ICCS所長

ICCS側からは、2008年以降つづけられている寧夏回族自治区、青海省での共同現地調査の報告がなされ、調査グループの各メンバーにより、社会概況、開発史、水利、漁業文化など多岐にわたる研究成果が示されました。


会場風景

会場風景

これにつづき、兪嶸氏(静岡産業大学)やICCS研究員らにより行財政、貧困問題、農業、政治の各方面から西部大開発へのアプローチが報告されました。質疑応答では各報告に関して熱心な議論が展開され、次回への大きなステップとなりました。



研究集会出席者

  • 寧夏社会科学院
    • 張進海:院長
    • 陳通明:研究員(前副院長)
    • 薛正昌:歴史研究所長・研究員
    • 郭亜莉:経済研究所・副研究員
    • 李文慶:経済研究所・副研究員
    • 白 潔:科研組織処・副研究館員
  • 青海省社会科学院
    • 趙宗福:院長
    • 孫発平:副院長
  • 愛知大学
    • 高橋五郎:ICCS所長(研究分担者)
    • 藤田佳久:ICCS運営委員(研究分担者)
    • 馬場 毅:ICCS運営委員(研究分担者)
    • 高明潔:ICCS運営委員(研究分担者)
    • 鈴木規夫:ICCS運営委員(研究分担者)
    • 宮沢哲男:ICCS所員
    • 宇都宮浩一:ICCS研究員
    • 加治宏基:ICCS研究員
    • 成田拓未:ICCS研究員
    • 暁敏:三遠南信地域連携センター・ポストドクター
    • 高木秀和:大学院文学研究科博士後期課程
    • 李小春:大学院中国研究科博士後期課程
    • 馮偉強:大学院中国研究科博士後期課程
    • 高 強:大学院中国研究科研究生
  • その他
    • 兪嶸:静岡産業大学・専任講師
      ※古澤賢治教授(研究代表者)は突然の体調不良のため、両日の研究集会を欠席されました。


Posted by サイト管理者 at 11時18分 記事URL

URL

検索

カテゴリー

新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ