ICCS 国際中国学研究センター

新着情報

文字サイズ:標準  最大印刷

2017年11

先月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 来月

2011年10月7日(金)16時30分~17時50分、本学東京事務所および名古屋校舎(TV中継)において、今年度第1回目の「ICCS政治・外交研究会」を開催しました。


 今回は、ヒジノ・ケン・ビクター・レオナード先生(慶應義塾大学)をお招きして、「政治分析における地方と中央:国政党にとっての地方組織、地方政治家にとっての政党組織」というテーマでご発表いただきました。

 「国政レベルの政党は地方組織をなぜ必要とするのか?」「なぜ地方レベルの政治家は国政党に入党するのか?」という問いを出発点に、①選挙、②政策、③政治キャリアの側面から互いにとってのコスト・メリットのトレード・オフについて分析が展開され、そのうえで、「近年の日本の政党の中央・地方関係を維持することは互恵ではなく互損の関係ではないか」という批判が提起されました。

 発表の内容に対しては、ICCSの小嶋祐輔研究員から、中国共産党の中央-地方組織との比較という視点から、現状では必ずしも両者の関係が民主制の向上に繋がっていないという点で、日本との共通点が指摘されました。また、その後の質疑応答においても活発な意見交換がなされました。

(文責:小嶋祐輔)
 


ファイルイメージ

政治外交研究会概要(2011/10/7)



Posted by サイト管理者 at 09時12分 記事URL

URL

検索

カテゴリー

新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ