ICCS 国際中国学研究センター

新着情報

文字サイズ:標準  最大印刷

2017年11

先月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 来月

2012年02月09日(木)

第8回「日中戦争史研究会」を開催しました【イベント】

2012年1月28日(土)、本学車道校舎において、第8回「日中戦争史研究会」(主査:馬場毅教授)を開催しました。


 第8回目の開催となった今回は、柴田哲雄先生(愛知学院大学)と森久男先生(愛知大学)のお二人に、「書評:堀井弘一郎著『汪兆銘政権と新国民運動―動員される民衆―』」(柴田)、「チャハル作戦をめぐる関東軍と蒋介石の軍事戦略」(森)というテーマでご発表いただきました。

  • 柴田報告:
     満州国と比較して研究蓄積の乏しかった汪兆銘政権に関して、民衆に対する教化と動員工作に焦点を絞って記述された堀井弘一郎著『汪兆銘政権と新国民運動―動員される民衆―』を取り上げ、ここで記述された内容の意義と課題に関する書評の報告がおこなわれました。質疑応答では、中国での近代国民国家の成立における汪政権とそこでの動員工作が果たした意義をめぐる議論や、本著では十分に言及されなかった資本家層と汪政権の関係をめぐる議論がおこなわれました。

  • 森報告:
     複雑に入り組んだ状況が同時進行していたために日中戦争における状況推移の全体像を把握することは非常に難しいとされていますが、本報告では、チャハル省(現在の内モンゴル)を中心としておこなわれたチャハル作戦をめぐる関東軍と蒋介石、蒙疆自治政府の動向に基づいて、当時の華北の状況推移を考察した発表がおこなわれました。質疑応答では、蒋介石の軍事作戦考案の基盤となった彼らの経歴に関する討論や,蒙疆自治政府の位置付けに関する活発な議論がおこなわれました。


 なお、今回の研究会のレジュメ(柴田報告については事情により非公開)および議論の議事録はこちらのページで公開されております。

(文責:山口哲由)




Posted by サイト管理者 at 18時01分 記事URL

URL

検索

カテゴリー

新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ