ICCS 国際中国学研究センター

新着情報

文字サイズ:標準  最大印刷

2017年11

先月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 来月

 去る2月11・12日、中国社会科学院近代史研究所学術報告ホールにて本研究センターと早稲田大学現代中国研究所後援の日中合同ワークショップ「東アジア共生―共通歴史認識の構築」(主催:富山大学・中国社会科学院近代史研究所)を開催しました。
 東アジアの「共生」社会を実現するうえで、避けて通れない歴史認識の問題にいかに取り組み、高等教育の場においてそれをどのように扱うかを主要な議題に、日中双方の参加者たちによる報告・討論が行われました。


※以下、シンポジウムの開催内容

【1日目 2012年2月11日】

○開会式
中国側挨拶:王建朗(中国社会科学院近代史研究所所長、研究員)

○第1グループ討論「歴史認識問題と共生」
司会:李長莉(中国社会科学院近代史研究所研究員)

基調報告:歩平(中国社会科学院近代史研究所研究員)
     「国境を越える歴史認識と東アジア『共生』」

第1報告:HOOK D. Glenn(イギリス・シェフィールド大学教授)
     「記憶と謝罪の政治―中日、中英関係における諸問題」
第2報告:馬場公彦(岩波書店学術図書編集部副部長)
     「同時代史としての日中関係―対中認識と対日認識の回路をてがかりとして」
第3報告:金以林(中国社会科学院近代史研究所研究員)
     「共同歴史研究における民族感情と歴史叙述」
第4報告:徐顕芬(早稲田大学現代中国研究所講師)
     「歴史認識問題の国際化」

討論者:王建朗、武者小路公秀(国連大学元副学長、大阪経済法科大学特任教授、アジア太平洋研究センター所長)

○第2グループ討論「歴史認識問題と教育」
司会:HOOK D. Glenn

基調報告:佐藤幸男(富山大学元副学長、人間発達科学部教授)
     「アジアへの視線:グローバル世界のなかのアジアと共生認識を中心に」

第1報告:畢苑(中国社会科学院近代史研究所副研究員)
     「文化教育の変革は国家認識を促進する―清末明初の教育への思考」
第2報告:小倉利丸(富山大学経済学部長、教授)
     「経済ナショナリズムの破たんとネット右翼の台頭」
第3報告:王雪萍(東京大学教養学部講師)
     「上海歴史教材に反映される歴史教育方針の変化―上海市が独自に編纂した三つの高校用歴史教材の比較」
第4報告:徐青(浙江理工大学外国語学院講師)
     「九一八事変勃発後の日本における上海認識―新雑誌「犯罪科学」を中心として」

討論者:李長莉、鈴木規夫(爱知大学国际コミュニケーション学部長・教授、ICCS運営委員)


【2日目 2012年2月12日】

○第3グループ討論「歴史認識と政治哲学」
司会:小倉利丸

基調報告:鈴木規夫「アジア共生と政治哲学」

第1報告:李長莉「東アジア共生”と“東アジア学」
第2報告:徐秀麗(中国社会科学院近代史研究所研究員)
     「歴史認識と東アジア『共生』」
第3報告:森川裕二(富山大学極東地域研究センター特命助教)
     「歴史認識の時間軸と共生―1990年代の『協生』思想」

討論者:汪朝光(中国社会科学院近代史研究所副所長、研究員)、佐藤幸男

○総括:武者小路公秀

※中国社会科学院近代史研究所のホームページにも本ワークショップの記事が掲載されております。




Posted by サイト管理者 at 19時31分 記事URL

URL

検索

カテゴリー

新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ