ICCS 国際中国学研究センター

新着情報

文字サイズ:標準  最大印刷

2017年11

先月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 来月

 人間文化研究機構(NIHU)現代中国地域研究・愛知大学拠点主催により、以下の通り、フォーラムを開催いたします。みなさまのご参加をお待ちしております。


日中環境フォーラム-環境問題のフロンティアと日中政策比較-


  • 日時:2014年6月15日(日)10時00分~17時00分
  • 場所:愛知大学名古屋校舎 厚生棟3階W31・32会議室
  • 使用言語:日本語・中国語(日本語通訳有り)
  • 備考:要申込、聴講無料
  • 主催:愛知大学国際中国研究センター(ICCS)
  • 共催:北京大学国家発展研究院エネルギー安全と国家発展研究センター
  • 後援:(一社)中部経済連合会、(一社)東海日中貿易センター
    (独法)科学技術振興機構中国総合研究交流センター

  • プログラム:
    【趣旨説明 10:00-10:10】:
    高橋 五郎(愛知大学国際中国学研究センター所長・現代中国学部教授)

    【基調講演Ⅰ 10:10-12:00】:
    徐 晋涛(北京大学国家発展研究院教授・エネルギー安全と国家発展研究センター長
    ・愛知大学ICCS訪問教授)
    「気候変動が中国の農業生産性に与えるインパクトの分析-トウモロコシと大豆を事例として」

    コメンテーター:高橋 五郎

    【基調講演Ⅱ 13:00-13:40】:
    近藤 昭一(衆議院議員・元環境副大臣・衆議院外務委員会・環境委員会元筆頭理事)
    「環境外交を通じた日中関係の深化-アジアの平和と発展-」

    【基調講演Ⅲ 13:40-14 :20】:
    植田 和弘(京都大学経済学研究科教授・元環境経済・政策学会会長・東アジア資源環境経済学会連合前会長)
    「環境問題・環境政策の日中比較」

    【研究報告Ⅰ14:40-15:10】:
    大澤 正治(愛知大学ICCS運営委員・経済学部教授)
    「環境エネルギー政策の国内性と国際性、日本と中国の両国を考えながら」

    【研究報告Ⅱ 15:10-15:40】:
    李 春利(愛知大学ICCS経済環境班座長・経済学部教授)
    「PM2.5と中国の都市環境問題」

    【総合討論 15:40~17:00】:
    共通論題「環境問題への対応は日中関係の深化に貢献できるか」

    【パネリスト】:
    徐晋涛、近藤昭一、植田和弘、高橋五郎、大澤正治、李春利

    【司会】:
    李 春利、大澤 正治


 ■申込方法:氏名(フリガナ)、所属、住所、電話、emailアドレスをご記入の上、EメールまたはFAXでお申込みください(書式任意)。お申込み頂いた後、ご連絡いたします。 申込締切:6月12日(木)※先着順のため、定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。

 ■申込・お問合せ先:愛知大学国際中国学研究センター〒453-8777 名古屋市中村区平池町4-60-6 FAX 052-564-6220 E-mail iccs-sympo(AT) ml.aichi-u.ac.jp ※上記メールアドレスの(AT)は@に置き換えてください

※電話での申し込みは受け付けておりませんので、EメールまたはFAXでお申込みください 。

※定員:50名
 


ファイルイメージ

日中環境フォーラムチラシ



Posted by サイト管理者 at 11時17分 記事URL

URL

検索

カテゴリー

新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ