ICCS 国際中国学研究センター

新着情報

文字サイズ:標準  最大印刷

2017年11

先月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 来月

 アジア連合大学院機構、日本華人教授会議、愛知大学国際中国学研究センターの主催により、以下の通り、国際シンポジウムを開催いたします。


ユーラシア新世紀の波を日本はどう乗り切るのか
―アジア知識共同体をつくる―

日時:2015年2月28日(土)13:00~19:30
会場:日本記者クラブ9階会議場(日比谷公園前)
主催:アジア連合大学院機構、日本華人教授会議、愛知大学国際中国学研究センター
共催:国際アジア共同体学会、日本ビジネスインテリジェンス協会
備考:参加事前登録制(下記参照)


【プログラム内容】
総合進行役 林敏潔(南京師範大学特任教授)
 13:00~13:05 開会挨拶 佐藤元彦(愛知大学理事長・学長)

●第1部「いま世界とアジアはどこに向かっているのか」
◇報告;13:05~14:05(各15分)
 司会;高橋五郎(愛知大学国際中国学研究センター所長、教授)
・朱建栄(東洋学園大学教授)
  「習近平新外交とユーラシア新秩序」
・河合正弘(東京大学特任教授)
  「2020年東アジア新秩序とどう向き合うのか」
・田岡俊次(軍事ジャーナリスト、元朝日新聞)
  「「米中新時代」と中国脅威論をどう捉えるのか」
・李鐘元(早稲田大学教授)
  「アジア地域形成と日韓関係―韓国の視座から―」

◇コメント:14:05~14:25(各10分)
 コメンテーター
 森保裕(共同通信副論説委員長)
 久保孝雄(元神奈川県副知事、アジア・サイエンスパーク協会名誉会長)

●第2部 「アジアインフラ投資銀行(AIIB)とアジア新経済秩序形成にどう対処するのか」
◇報告;14:30~15:30(各15分)
 司会;李春利(日本華人教授会議代表、愛知大学教授)
・津上俊哉(津上工作室代表)
  「アジアインフラ強化と日中アセアン協力へ」
・瀬口清之(キャノングローバル戦略研究所研究主幹)
  「アジアインフラ投資銀行にどう対処するのか」
・金堅敏(富士通総研主席研究員)
  「中国の新アジア経済外交―海と陸の新シルクロード戦略と日本」
・中川十郎(名古屋市立大学特任教授)
  「上海協力機構からRCEP(東アジア地域総合経済連携)へ」

◇コメント:15:30~15:50(各10分)
 コメンテーター
・後藤康浩(日本経済新聞編集委員)
・川村範行(前東京・中日新聞論説委員、名古屋外国語大学特任教授)

休憩;15:50~16:05 

●第3部 「霞が関アジア中国塾のねらい」
◇パネルディスカッション(総合討論);16:05~17:10(各8分)
 司会;進藤榮一(一般社団法人アジア連合大学院機構理事長、筑波大学名誉教授)

霞が関アジア中国塾の主要予定講師陣8名による塾のねらいと紹介
・田代秀敏(RFSマネジメント・チーフ・エコノミスト)
  「中国経済のゆくえ:「世界の工場」から「世界の市場」さらに「世界の銀行」へ」
・川井伸一(愛知大学副学長)
  「中国国有企業改革の現状と今後」
・唐燕霞(愛知大学教授)
  「変容する中国社会とその将来」
・服部健治(中央大学教授)
  「中国の大衆消費社会の到来と対中ビジネス戦略」
・萩原伸次郎(横浜国立大学名誉教授)
  「オバマ政権下のアメリカ経済と日本再生戦略」
・松下和夫(京都大学名誉教授)
  「COP20以後の地球環境政策の新展開」
・豊田隆(東京農工大学名誉教授)
  「日本農業六次産業化の道」
・黒瀬直宏(嘉悦大学大学院ビジネス創造研究科科長)
  「中小企業と新興アジア」

◇総括;17:10~17:20
 進藤榮一
  「なぜいま「霞が関アジア中国塾」なのか――アジア知識共同体への道」

 第3部・懇親交流会;17:40~19;30
 場所;日比谷松本楼(日本記者クラブから徒歩4分)
 ◇来賓御挨拶;
 17:40~45;福田康夫元首相
 17:45~50;程永華駐日大使*
 17:50~18:10;谷口誠・元国連大使、イーザ・ユスロン・駐日インドネシア大使、榎善教・エノキフィルム社長、ヴァバン・ヴァッタ日本ネパール協会会長、東亜同文書院関係者、他。




■お問合せ・申込先:
参加者事前登録制。参加希望者は、事前に下記の所属主催共催機関事務局にご連絡ください。 国際アジア共同体学会(secretariat.isac@gmail.com)、アジア連合大学院機構(info@gaia2020.jp)、 日本華人教授会議、愛知大学東京霞が関オフィス(aichiutk@d1.dion.ne.jp )

■会費;日比谷松本楼、入場者40名以内、事前登録制。
懇親会参加費:3500円以内。資料代:主催機関、共催機関の会員・構成員:500円、非会員・非構成員:1000円。



Posted by サイト管理者 at 11時17分 記事URL

URL

検索

カテゴリー

新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ