ICCS 国際中国学研究センター

新着情報

文字サイズ:標準  最大印刷

2017年11

先月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 来月

ワークショップ「四川民族地区における文化資源の保護と開発」 

 

日時:2015年7月23日(木) 9:00~10:30

会場:愛知大学名古屋校舎 講義棟9階 L901教室
 (名古屋駅から徒歩約10分、あおなみ線「ささしまライブ」駅下車徒歩2分)

言語:中国語(日本語通訳有り) 

その他:聴講無料

 

報告: 耿 静 (四川省民族研究所研究員) 

      「2008汶川地震後のチャン族とチャン文化」

司会・通訳:松岡 正子(愛知大学現代中国学部教授)     

 

講師紹介

チャン族。中央民族大学卒、四川大学歴史文化学院研究院(博士課程)修了、博士。四川省民族研究所研究員、専門は文化人類学。『汶川蘿卜寨的民俗』(民族出版社2014年)、『羌郷情』(巴蜀出版社2006年)、『長江上遊四川横断山区生態移民研究』(共著、民族出版社2007年)、「羌語与羌族文化生態保護実験建設」(『貴州民族研究』2012年第1期)、「遷移、社会網絡和知識体系建構-四川茂県藍店坡村震後羌族自発移民的適応性研究」(『西南民族大学学報』2012年第11期)等多数。



 

お問合せ先
愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)
E-MAIL:iccs-sympo(AT)ml.aichi-u.ac.jp
※上記メールアドレスの(AT)は@に置き換えてください  


ファイルイメージ

チラシ



Posted by サイト管理者 at 15時20分 記事URL

URL

検索

カテゴリー

新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ