ICCS 国際中国学研究センター

新着情報

文字サイズ:標準  最大印刷

2019年7

先月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 来月

愛知大学国際中国学研究センターでは、以下のとおり、日中農業問題研究会2018年度ミニシンポジウムを開催致します。


日 時:2019年3月10日(日)13:00~17:30
会 場:愛知大学名古屋校舎 厚生棟3階W31会議室
テーマ:愛知大学ICCS日中農業問題研究会2018年度ミニシンポジウム
       ―現代中国農業の研究方法をめぐって-
備 考:
参加無料・申込不要

主催:愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)

【プログラム】
13:00~13:10 シンポジウムの趣旨 ICCS運営委員・元所長 高橋五郎(進行)

◆<ゲスト報告>13:10~14:10(15分間質疑応答を含む)
 
”日本化”する?中国農業
―「アズキと東アジア」「WTO体制下の中国農業・農村問題」の視角からー
田島俊雄(東京大学名誉教授) 

◆<ICCS日中農業問題研究会メンバー報告>(あいうえお順)14:10~17:00

第一報告 14:10~14:30
中国農業問題との対話:私の中国農業問題研究方法の骨格
大島一二(桃山学院大学)

第二報告 14:30~14:50
日中農業問題の研究法:私の日中農業問題研究の方法の骨格
金 湛(南九州短期大学)

第三報告 14:50~15:10
日系食品企業における中国国内販売の拡大可能性に関する研究
佐藤敦信(追手門学院大学)

休憩10分間

第四報告 15:20~15:40
土から探る中国に於ける農業問題-土は社会を反映する-
高橋五郎(愛知大学)

第五報告 15:40~16:00
日中農業問題における研究方法
滕 媛媛(大阪商業大学)

第六報告 16:00~16:20
中国調査・研究方法
西野真由(愛知県立大学)

第七報告 16:20~16:40
農民工の調査・研究方法論
―「絶えざる活発な意欲」と「シンパシー」に基づく調査・研究方法論の限界―
原田 忠直(日本福祉大学)

第八報告 16:40~17:00
現代中国農業問題方法論研究     
安達満靖(中亜食農研究所)

◆<全体質疑> 17:00~17:30(進行 滕 媛媛)


ファイルイメージ

ポスター



Posted by サイト管理者 at 11時17分 記事URL

URL

検索

カテゴリー

新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ