ICCS 国際中国学研究センター

新着情報

文字サイズ:標準  最大印刷

2018年7

先月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 来月

愛知大学ICCS経済・環境分野研究会公開ワークショップを開催致します。
聴講無料・申込必要


日 時:
2018年5月19日(土)13:00~17:00

会 場:
愛知大学名古屋キャンパス厚生棟3階会議室

テーマ:
「一帯一路構想における環境・資源エネルギーの新たな局面
      ― 新しいアジア環境・資源エネルギー論を先導する日中対話 ―」


プログラム:<モデレーター 大澤正治>
■ オープニングセッション~新しい時代の研究方法論(13:00~14:30)
・ 開会あいさつ「本ワークショップを開催する意義」(愛知大学教授ICCS所長 周星)
・ 「現代中国学の新たなアプローチ」(愛知大学教授 高橋五郎)
・ 「環境への新しい人文社会科学アプローチ」(中国人民大学准教授 許光清)

■ 日中対話セッション ~環境・資源エネルギーの新しいアプローチ(14:40~16:00)
「一帯一路時代のアジア環境・資源エネルギー、その安定した持続性を求めて」

■ クロージングセッション~ 次のステップへ(16:00~17:00)
・ 本ワークショップのコメントと「環境・資源エネルギーの日中の連携」(愛知大学教授 李春利)
・ 聴講者のご意見を伺いつつ、聴講者への感謝をこめて総括(愛知大学教授 大澤正治)


登壇者:
中国人民大学 准教授 許光清
中国石炭科工集団石炭戦略院 秦容軍
自然資源保護協会 北京代表 楊富強
名古屋大学 教授 薛進軍
長岡技術科学大学 教授 李志東
愛知大学 教授 高橋五郎
愛知大学 教授 李春利


主催:
愛知大学国際中国学研究センター

後援:
名古屋大学アジア共創教育研究機構
愛知大学同窓会北京支部

終了後、懇親会を開催いたします。(参加費1,000円)
申込み時に参加希望の旨合わせてご連絡ください。

---
■お問合せ・申込先:
 愛知大学国際中国学研究センター(ICCS) 052-564-6120
  E-MAIL:iccs-sympo(AT)ml.aichi-u.ac.jp
 ※上記メールアドレスの(AT)は@に置き換えてください。
 ※事前に上記の申込先までお申し込みください。
  申込方法は、氏名(フリガナ)、所属、電話、Eメールアドレス、懇親会への参加の有無をご記入の上、Eメール(書式任意)または電話でお申込みください。

■参加・懇親会申込締切:2018年5月18日(金)16時まで


ファイルイメージ

チラシ



Posted by サイト管理者 at 11時20分 記事URL

 4月14日(土)、本学名古屋校舎において、第29回ICCS日中農業問題研究 会(主査 高橋五郎教授)を開催しました。当日は、本学大学院生川村潤子氏、 当センター客員研究員・青島大学准教授サリナ氏、本学教授高橋五郎氏による報 告がおこなわれ、出席者を含め、活発な議論が交わされました。詳細は下記のPDFをご覧ください。

     
     
     


ファイルイメージ

概要



Posted by サイト管理者 at 11時20分 記事URL

定員に達したため、申込み受付を終了いたしました。 ---------------------------------------------------------

愛知大学国際中国学研究センターでは、以下のとおり、2018年度ICCS講演会を開催致します。


[趣旨]
 今年は1978年から始まった中国の改革開放が40周年にあたる節目の年です。この40年間、中国の著しい経済成長は世界的な注目を浴びる一方で、その経済発展は労働力や資本など生産要素の持続的な投入増大によるものが多く、これまでの経済成長や産業発展のモデルも新たな転換点を迎えています。このたびは、イギリス・ケンブリッジ大学と中国・南開大学の著名な専門家二人をお迎えし、中国経済と産業発展に潜む諸問題と構造転換の必要性について徹底的に検証しますので、ふるってのご参加を期待しております。


日時:2018年4月19日(木)開場14:00、14:30~17:30
会場:愛知大学名古屋キャンパス本館(研究棟)20階会議室
テーマ:中国改革開放40周年記念講演会「中国産業発展モデルの転換と労働力移動」
備考:参加無料・申込必要(下記参照)定員有
主催:愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)
後援:愛知大学孔子学院、東海日中貿易センター、中部華人華僑連合会、
   愛知大学ICCS北京同窓会

【プログラム】
司会:李春利(愛知大学)
◆14:30~14:35 あいさつ 周星(愛知大学国際中国学研究センター所長)

◆14:35~16:00 講演1
 講演者:石 涌江(ケンブリッジ大学国際製造研究センターリサーチ・ディレクター)
     「中国の産業発展モデルおよびその危機」
 討論者:田中英式(愛知大学経営学部教授)

◆16:00~16:05 休憩

◆16:05~17:30 講演2
 講演者:佟 家棟(南開大学 前副学長・経済学院教授)
     「中国の経済発展と労働力移動」
 討論者:高橋五郎(愛知大学現代中国学部教授)

---
■お問合せ・申込先:
 愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)
  E-MAIL:iccs-sympo(AT)ml.aichi-u.ac.jp
 ※上記メールアドレスの(AT)は@に置き換えてください。
 ※事前に上記の申込先までお申し込みください。申込方法は、氏名(フリガナ)、所属、
  電話、Eメールアドレスをご記入の上、Eメールでお申込みください(書式任意)。
■申込期限:2018年4月18日(水)正午まで


ファイルイメージ

ポスター



Posted by サイト管理者 at 09時17分 記事URL

愛知大学国際中国学研究センターでは、第29回日中農業問題研究会(2018年度第1回)を開催いたします。


日時:2018年4月14日(土)13:30~17:00(予定)
会場:愛知大学名古屋キャンパス 本館(研究棟)3階M308教室
テーマ:「中国の「失業率」と農民―いかに把握するか―」

報告者:1.高橋五郎(愛知大学大学院中国研究科長・現代中国学部教授)
    2.薩日娜 (ICCS客員研究員・青島大学准教授)
    3.川村潤子(愛知大学大学院中国研究科)

主催:愛知大学国際中国学研究センター
備考:参加無料・申込不要

お問い合わせ先:[こちら]            

     
     
     



Posted by サイト管理者 at 11時20分 記事URL

愛知大学国際中国学研究センターでは、以下のとおり、2017年度ICCSシンポジウムを開催致します。


[趣旨]
 2018年は日中平和友好条約締結40周年に当たる。この間、日中関係は紆余曲折を経ながらも、中国研究および日本研究の面では、日中相互理解のための基盤として着実な発展をみてきたところである。
中国研究においては、習近平「新時代の中国の特色ある社会主義」思想は、日中関係の今後のあり方を考えるうえでも重要な研究対象となっている。また日本研究においては、日米の軍事一体化が急速に進む過程で、中国は日本とどう向き合い、どう連携していくべきかという実践的な課題が生まれている。日中の研究者にとって、現下の情勢、今後のゆくえを互いに的確に理解することが、いまほど求められている時代はない。
そのための前提になるのは、相互の立場を理解しつつ、日中の研究者が人文科学的・普遍的な方法論を共有することである。これまでICCSは発足以来、このような視点に立つ「現代中国学」のあり方について15年以上に亘る議論を重ねてきた。今回のシンポジウムはそのいっそうの深化を目指し、参加者それぞれが実践してきた特色ある経験的研究方法を披露しあい、相互に研鑽する機会としながら、「現代中国学の方法」として共有できるものをまとめるための機会としたい。


日時:2018年3月3日(土)開場9:30、10:00~18:00
会場:愛知大学名古屋キャンパス講義棟3階L305教室
テーマ:日中平和友好条約締結40周年記念シンポジウム
          -現代中国学方法論のための日中対話-
備考:参加無料・申込必要(下記参照)定員有
主催:愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)
後援:中日新聞社、東海日中貿易センター、中部華人華僑連合会、
   中部日本華僑華人工商学聯誼会、愛知大学中国同学会

【プログラム】
<基調講演の部>(司会:李春利(愛知大学))
◆10:00~10:30 趣旨説明
         来賓挨拶 近藤昭一 (衆議院議員、日中友好議員連盟幹事長)

◆10:30~12:00 基調講演
 講演者:朱建榮(東洋学園大学 教授)
     「激動する日中関係研究のあり方」

◆12:00~13:00 休憩**

<研究班発表・討論の部>(司会:李春利(愛知大学))
◆13:00~14:30 政治・外交班 報告討論 (座長:劉柏林)
 テーマ:日中関係研究方法論(仮題)
 報告者:張明軍(華東政法大学政治学与公共管理学院長)
     「21世纪以来中国政治研究方法的转型」
 報告者:徐涛(愛知大学ICCS研究員)
     「台頭中国と東アジア秩序への多角的アプローチ」
 討論者:劉傑(早稲田大学)、諏訪一幸(静岡県立大学)、
     鈴木隆(愛知県立大学)、加治宏基(愛知大学)

◆14:40~16:10 経済・環境班 報告討論 (座長:高橋五郎)
 テーマ:習近平新時代と中国経済研究方法論
 報告者:章政(北京大学)
     「中国人による日本経済研究の方法と日本人の中国経済研究」
 報告者:エリック・ハーウィット(ハワイ大学)
     「Study Methods of the Chinese Economy.」
 討論者:李春利(愛知大学)、田中英式(愛知大学)、原田忠直(日本福祉大学)、
     安達満靖(中国アジア農業食品問題研究所)、滕媛媛(ICCS研究員)

◆16:20~17:50 文化・社会班 報告討論 (座長:唐燕霞)
 テーマ:日中人類学研究方法論
 報告者:劉正愛(中国社会科学院民族学與人類学研究所)
     「中国大陸における日本人類学の影響力」
 報告者:趙蕤(西南民族大学外国語学院副教授)
     「日本における中国イ族の神話・民話に関する研究」
 討論者:周星(愛知大学)、高明潔(愛知大学)、戸川貴行(ICCS研究員)

◆17:50~18:00 閉会の挨拶

---
■お問合せ・申込先:
 愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)
  E-MAIL:iccs-sympo(AT)ml.aichi-u.ac.jp
 ※上記メールアドレスの(AT)は@に置き換えてください。
 ※事前に上記の申込先までお申し込みください。申込方法は、氏名(フリガナ)、所属、
  電話、Eメールアドレスをご記入の上、Eメールでお申込みください(書式任意)。
■申込期限:2018年3月2日(金)正午まで


ファイルイメージ

ポスター



Posted by サイト管理者 at 11時17分 記事URL

« 前の5件

249 件中 610 件目を表示 1 2 3 4 5 ...50

次の5件 »


検索

カテゴリー

新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ