ICCS 国際中国学研究センター

新着情報

文字サイズ:標準  最大印刷

2017年4

先月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 来月

 愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)では、以下のとおりICCSリサーチアシスタントを公募します。

※提出期限:2017年5月9日(火)必着 

 詳細は添付資料をご確認ください。


ファイルイメージ

RA募集要項

ファイルイメージ

【WORD】RA申請書



Posted by サイト管理者 at 11時16分 記事URL

2017年03月29日(水)

2017年度ICCS若手研究者研究助成の公募について【お知らせ】

 愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)では、優れた若手研究者が自由な発想で研究活動をするために必要な経費を助成し、ICCSの学術研究の発展に寄与することを目的として、「ICCS若手研究者研究助成」を公募します。

 提出期限:2017年4月30日(日)必着

 詳細は添付資料をご確認ください。


ファイルイメージ

【PDF】2017ICCS若手研究者研究助成申応募要項

ファイルイメージ

【PDF】ICCS若手研究者研究助成申請書(様式)

ファイルイメージ

【WORD】ICCS若手研究者研究助成申請書(様式)



Posted by サイト管理者 at 15時37分 記事URL

2017年03月03日(金)

2016年度ICCS研究員の着任について【お知らせ】

 2017年2月16日、戸川貴行及び滕媛媛ICCS研究員が着任しました。



■戸川 貴行 研究員

  ICCS研究員の戸川貴行と申します。専門は前近代の中国雅楽論、古代中国政治文化史論です。最近の研究課題は、古代中国の天下観についてで、特に漢から唐にかけて、王朝がいかにして自らの正統性を主張したのかを考察しております。そうした王朝の正統性について、これまで私は主に雅楽という切り口から研究してきました。しかし、古代中国の正統性は、暦ひいては天文とも関係しているので、こうした問題も避けては通れません。従って、今後は、前近代の中国王朝が、雅楽、暦、天文を通じ、どのようにして自らの正統性を主張したのかを考えたいと思っております。私が上記のテーマに関心を持ったのは、国家の結集点とは何かという問題意識が出発点となっています。将来は、中国の皇帝制度だけでなく、日本の天皇制度もふくめた東アジアにおける皇権の問題を解明したい、というのが私の展望です。

[⇒戸川貴行研究員プロフィール]




■滕 媛媛 研究員

 ICCS研究員の滕媛媛と申します。専門は都市経済学、社会地理学です。現在の研究課題は、中国における都市住民の居住地選択行動、特に住民の勤務先(「単位」)、居住地属性選好、ライフスタイルがその居住地選択行動ないし定住意識にいかなる影響を与えたかを分析しています。これまで私は中国都市の新市区を中心にして、新市区における社会・空間の構造及びその形成プロセスを研究してきました。近年、中国では個人の価値観が多様化しつつあります。そのため、適切かつ効果的な社会基盤や生活環境の整備を行うために、住民の選好やライフスタイルなどを考慮した居住地選択行動の把握は重要になっていくと思います。

[⇒滕媛媛研究員プロフィール]




Posted by サイト管理者 at 09時56分 記事URL

ICCSリサーチアシスタント(2015-2016年度)・田中マリアさんが日中関係学会「宮本賞」優秀賞を受賞しました。


 田中マリアさんは、2015年度から今年度まで2年間、本研究センターのリサーチアシスタントを担当いただいております。日中関係学会「宮本賞」の詳細については、以下のホームページからご覧ください。

日中関係学会HP

 



Posted by サイト管理者 at 15時00分 記事URL

2017年01月10日(火)

章政ICCS訪問教授が着任しました【お知らせ】

2017年1月10日、ICCS訪問教授として招聘した章政教授(北京大学继续教育学院長、同経済学院教授)が着任しました。


 北京大学继续教育学院長、同経済学院教授。

 主な研究対象、経済政策と産業組織理論、環境経済と農業合作理論、東アジア経済と日本経済制度、企業戦略と与企業信用理論。

 主な著作、論文には、《地域经济与产业振兴》(日文),日本筑波书房出版1996年6月。《日本农业政策的总括与创新》(日文),日本筑波书房出版1997年4月。《管理学原理》,黑龙江人民出版社1998年3月。《现代日本农协》,中国农业出版社1998年8月。《信用社会》(VCD20集系列音像教材),北京北影音像出版社2002年12月。《现代日本农业》,中国农业出版社2003年4月。《信用经济与信用知识读本》,中国商业出版社2003年6月。 《朝阳社会信用建设的理论与实践》 章政主编,中国经济出版社 25万字,2010年12月版。《日本国民食品消费结构的特征分析》(日文),《农政调查时报》1998年11月号。《中国粮食供需的新动向:生产过剩问题》(日文),《日中经济评论》1998年12月号。《中国粮食供需的区域分析》(日文),《农林金融》1999年2月号。《中国农产品出口市场与产品结构分析》(日文),《农林信用基金》1999年2月号。《中国内陆农村的农家消费特征分析》(日文),《农政调查时报》1999年3月号。《富山县农业生产法人的资金生产性现状调查》(日文),《调查与信息》1999年3月号。《发达国家的新型环境污染及其原因分析》(日文),《农政调查时报》1999年5月号。《信息化与农产品批发市场制度改革的方向》(日文),《农林金融》2000年3月号。

その他にも著作、論文多数。

 章政教授の任期は2017年1月17日まで。本学在任中、本研究センターの研究活動に参加する他、大学院中国研究科博士後期課程にて「中国経済特殊研究Ⅶ」を担当します。

 



Posted by サイト管理者 at 17時00分 記事URL

183 件中 15 件目を表示 1 2 3 4 ...37

次の5件 »


検索

カテゴリー

新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ