ICCS 国際中国学研究センター

新着情報

文字サイズ:標準  最大印刷

2019年11

先月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 来月

叢書「現代中国学の構築に向けて」(全5巻)第4回配本として『改革・変革と中国文化、社会、民族』(馬場毅・張琢 編)が日本評論社から刊行されました。

『社会階層の急速な領域化に伴って分化・対立するエリート文化、大衆文化、そして民間文化。その位相を歴史と民族の基層から浮き彫りにする。』(帯コメントより)


出版社 日本評論社
発行 2008年5月30日
価格(税込) 4,410円
ページ数 312P
版型 A5版ハードカバー
ISBN 978-4-535-04843-0

【もくじ】

第Ⅰ部 歴史・伝統・文化変容

  1. 中国における“文を尊ぶ(尚文)”歴史と伝統・・・劉再復
  2. 比較史論、文化文明史論による世界史の展開・・・小林一美
  3. 清末政治社会変革論と日本・・・並木頼寿
  4. ヴァンサン・レッブと天主教本土化運動・・・武内房司
  5. 湖南省の辛亥革命と民衆文化・・・藤谷浩悦
  6. 第5次囲剿戦と国民党の行政・治安組織の改革・・・馬場毅
  7. 中華民国における社会と文化の変容・・・ロナルド・スレスキー

第Ⅱ部 民族・文化・宗教

  1. 文化的多様性から見る現代中国の民族関係・・・郝時遠
  2. 中国における多様な民族主義を考える ・・・小嶋祐輔
  3. 羌暦年と国民文化・・・松岡正子
  4. 牧畜文明におけるソルコ制の位置付け・・・高明潔
  5. <徴候>としての現代中国・・・鈴木規夫
  6. 中元節の成立について・・・松本浩一

第Ⅲ部 社会構造と学術

  1. 中国の現代化に対する「ふたつの階級、ひとつの階層」構造の
        「磁気遅れ反応」・・・葉啓政
  2. エリート、大衆と民間における文化の重層性・・・高丙中
  3. 中国民族学における文化研究が直面している基本的問題・・・周星
  4. 改革開放以降の中国における学術文化復興についての概観・・・張琢

お求めはお近くの書店、または上記出版社まで。



Posted by サイト管理者 at 11時33分 記事URL

URL

検索

カテゴリー

新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ