ICCS 国際中国学研究センター

新着情報

文字サイズ:標準  最大印刷

2018年10

先月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 来月

2018年04月05日(木)

2018年度ICCS研究員の着任について【お知らせ】

 2018年4月1日、椎名一雄ICCS研究員が着任しました。



■椎名 一雄 研究員

  ICCS研究員の椎名一雄と申します。専門は中国古代史です。『史記』や『漢書』などの伝世文献や、最新の出土文字資料にみられる法律文書などから、秦漢時代の身分制度についての究明を進めております。とくに、皇帝を中心とした専制支配が出現した中国古代において、なぜ社会が専制的国家支配を受け入れたのか、国家は社会を支配する正当性をどのようにして手に入れたのか、という問題意識のもと、現在は出土文字資料にみえる「庶人」の存在をてがかりに研究をしております。かつて「庶人」は、一般的な農民と理解されてきました。ところが、近年開発が進む中国において、法律関連の文字資料が新しく出土され、そこから「庶人」は単なる農民ではなく解放された刑徒などを指す特殊な用語であることが明らかとなってきました。この「庶人」が果たしていた社会と国家を結ぶ重要な役割とその実態を、今後さらなる出土文字資料の分析から明らかにします。そして、この研究をてがかりに、将来は、中国を含む前近代の東アジアにおける身分制度の機能や変容を解明していきたいと考えております。

[⇒椎名一雄研究員プロフィール]




Posted by サイト管理者 at 11時00分 記事URL

URL

検索

カテゴリー

新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ