ICCS 国際中国学研究センター

新着情報

文字サイズ:標準  最大印刷

2017年12

先月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 来月

叢書『新次元の日中関係』(高橋五郎 編)が日本評論社から刊行されました。

政府間関係と民間レベルの「二階建て構造」とも称される日中関係をより盤石にするために何が必要か? 日中知識人による共同研究。

  
出版社 日本評論社
発行 2017年9月20日
価格(税込) 3,996円
ページ数 480P
判型 A5判
ISBN 978-4-535-58715-1

---【もくじ】---
序論(高橋五郎)

---第Ⅰ部 私の日中関係安定論---

「私の日中関係安定論」について(高橋五郎)
1 グローバル中国との付き合い方(毛里和子)
2 日中関係の将来と現状(莫邦富)
3 まず中国や日中関係に関する方法論の見直し(朱建榮)
4 迷走する中国経済(柯隆)

---第Ⅱ部 日中関係の構造的変容と課題---

第1章 日中政治外交
第1節 日中関係における大きな障碍(劉柏林)
はじめに
1 国交正常化の回顧
2 70年代、友好ブーム――中日関係の重視
3 80年代、友好ブームに冷や水――歴史認識問題の浮上
4 海外からの批判
5 日本政府の公式見解と閣僚の放言(失言)
6 障碍を取り除くカギはどこにあるか
第2節 領土・歴史・海洋「三重の対立」をいかに克服するか――21世紀の新たな日中関係の考察(川村範行)
はじめに
1 南シナ海をめぐる日中の対立の顕在化
2 東シナ海における日中の対立エスカレート
3 日本の外交政策・安全保障政策の転換
4 習近平指導部における歴史問題と民族主義
5 日中関係の構造的変化と習近平指導部の対日姿勢
6 戦後和解への努力を
7 日中「冷たい平和」防止のための提言
結 び
第3節 研究機関誌の論調からみる中国の対日政策(2012~2015)(王広涛)
はじめに
1 統計の概要と結果
2 内容分析
3 事例研究――領土問題の言説を中心に
結論

第2章 日中経済の変容
第1節 都市交通問題の日中比較分析と「東京モデル」――北京への示唆と国際比較の視点から(李春利・張鍾允)
はじめに
1 交通政策の基本的な考え方=選択モデルと交通需要マネジメント
2 北京市と東京圏の比較可能性
3 「東京モデル」と交通政策
むすび
第2節 グローバル化時代の日中協力とその展望――岐路を迎えた日本の対中経済協力(佐藤元彦)
はじめに
1 中国の対外援助・経済協力
2 中国主導の地域経済協力の急速な展開
おわりに――対中経済協力の今後と日中経済協力パートナーシップの可能性
第3節 新しい時代に向かう日中金融関係(田代秀敏)
1 金融超大国としての中国
2 日中金融協力の新時代

第3章 社会貢献を通じてみる日系企業の日中関係の変容
第1節 中国における日系企業の社会責任・社会貢献活動の原理と実態(高橋五郎) 
はじめに
1 一般論としての「企業の社会責任」と「企業の社会貢献」
2 活動の主体としての日系企業の影響力
3 中国における日系企業の社会責任活動
4 中国における日系企業の社会貢献活動
5 日系企業の社会責任・社会貢献活動の背景
第2節 新時代の中国市場における競争優位戦略――CSR戦略とマーケティング3.0のクロス・オーバー(服部健治)
はじめに――問題意識
1 中国市場の新しい時代
2 中国市場への経営戦略アプローチ
3 CSR戦略の再検討
4 新しい競争優位戦略のアプローチ
結論――中国市場の新しい時代における競争戦略
第3節 中国における日系企業の貢献のダイナミズム――パナソニックのケース(田中英式)
はじめに
1 既存研究サーベイと本稿の分析視点
2 中国におけるパナソニックの事業展開のフェーズと現地への貢献の変化
おわりに
第4節 電気事業にみる企業の社会貢献活動――Jパワーを事例として(大澤正治)
1 電気事業における企業の社会的責任
2 電源開発株式会社(Jパワー)と中国
3 中国に対するJパワーの経験
4 石炭をめぐる世界の状況と中国の石炭需給
5 石炭火力の今後の展開を踏まえて

第4章 中国農業大転換と日本
第1節 食料品の日中間における付加価値貿易の構造的実態と今後――OECD、TiVA2015の構造と応用(高橋五郎)
はじめに
1 TiVAにおける食料品の定義と問題
2 付加価値貿易の意味
3 主要国の食料品輸出の付加価値率
4 日中相互の付加価値率
5 主要国の食料品貿易における日本と中国の比重
6 中国から日本への付加価値輸出――まとめに代えて
第2節 中国における日系食品産業の成果と課題(大島一二)
はじめに
1 日系食品産業による中国での「開発輸入」の展開と課題
2 中国内販戦略への転換
3 日系食品産業の中国内販戦略の課題
まとめにかえて
第3節 「包」が進める農業規模経営についての一考察(原田忠直)
はじめに
1 「包」の機能
2 「包」の視点からみた専業農家の展開と限界
3 「包」の視点からみた合作農場の展開と限界
まとめにかえて――民間主導の規模経営

第5章 日中文化・社会相互浸透と背景
第1節 中日間の越境するサブカルチャー(周星)
はじめに
1 中国における日本のアニメーション
2 自己の存在価値を求めるコスプレ
3 日中間で共有される「萌」の美意識
4 結語――「反日」と「哈日」を超えて
第2節 中国の文化外交と華人社会との関わり――華語教育への影響をめぐって(奈倉京子)
はじめに
1 僑務政策と華人社会の共通語の変遷からみる中国の「文化外交」
2 2000年以降の中国の文化外交と華人社会との関わり
おわりに
第3節 21世紀の国民国家建設の可能性――日中における多文化共生の取り込みの比較を通して(高明潔)
問題提起
1 日本における多文化共生の取組み
2 中国における多文化共生の取組み
3 日中における多文化共生取組みの比較
4 日中の多文化共生の課題からみる21世紀の新しい国民国家像の可能性
第4節 グローバリゼーションと格差社会の形成――日中社会構造の類似性と異質性(唐燕霞)
はじめに
1 グローバリゼーションと格差の拡大
2 格差社会の構造的要因――日中社会構造の類似性と異質性
3 結びに変えて――格差是正に向けて
第5節 留学と日中関係――中国人の留学とその構造変容に関する一試論(大澤肇)
はじめに 
1 中国人の海外留学
2 現代中国における留学
おわりに

お求めはお近くの書店、または[上記出版社]まで。



Posted by サイト管理者 at 11時17分 記事URL

愛知大学国際中国学研究センターでは、2017年度農業問題研究会を開催いたします。


日時:2017年10月21日(土)13:00~16:30
会場:愛知大学名古屋キャンパス厚生棟3階W31会議室
主要参加者:高橋五郎(愛知大学)大島一二(桃山学院大学)原田忠直(日本福祉大学)

*報告者・討論者未定*


発表テーマ:
 「中国農業問題の総決算とその研究方法」          

主催:愛知大学国際中国学研究センター
備考:参加無料・申込不要

お問い合わせ先:[こちら]            

     
     
     



Posted by サイト管理者 at 11時20分 記事URL

2017年09月08日(金)

第19回愛知大学孔子学院公開講演会開催【イベント】

--孔子学院の日記念--

『中国の「一帯一路」計画と日本のアジア経済統合政策』

 講師 : 河合正弘/佟家棟(トン・ジャドン)

開催日時/ 9月30日(土) 14:00~18:00  聴講無料 詳細はこちら

 14:00~14:05 学長ごあいさつ

 14:05~14:10 学院長によるご来賓紹介

 14:10~15:10 講演1 「日本のアジア経済統合政策:TPP、RCEPと一帯一路構想」 河合正弘

 15:10~15:30 休憩

 15:30~17:00 講演2 「中国の“一帯一路”計画と駐日経済協力」佟家棟

 17:05~18:00 円卓対話+質疑応答

 ◎ 場  所: 車道校舎3階コンベンションホール

 ◎ 定  員: 300名(聴講無料、先着順)

 ◎ 受付期間: 8月28日(月)~9月25日(月)

 ◎ 申込方法: 上記受付期間に、窓口・電話・FAX・メールのいずれかにてお申込みいただけます。
会員番号(会員の方のみ)・お名前(フリガナ)・ご住所・お電話番号をご連絡ください。

TEL/052-937-8119  FAX/052-937-8149 
E-mail/koshi-k@ml.aichi-u.ac.jp

       窓口営業時間/平日・土曜 10:00~17:30

愛知大学孔子学院URL http://extension.aichi-u.ac.jp/koushi/



Posted by サイト管理者 at 10時32分 記事URL

2017年08月22日(火)

ICCS研究員の退職について【お知らせ】

王広涛研究員が博士学位を取得され、復旦大学へ転出いたしました。



Posted by サイト管理者 at 10時34分 記事URL

2017年07月19日(水)

南開大学と愛知大学ICCSとのワークショップ開催【イベント】

 愛知大学国際中国学研究センターでは、南開大学とのワークショップを開催しました。


開催日:2017年7月22日(土)

時 間:13:00-17:00

会 場:愛知大学名古屋校舎W32会議室

■報告者  邓 宏图 教授(南開大学)
■テーマ 
「現代中国学研究における調査研究方法の応用:日中農業産業化と農村内の金融を例として」
「调查研究方法在现代中国学研究中的应用:以中日农业产业化与农村内置性金融为例」

■報告者  邹 洋 副教授(南開大学)
■テーマ
「現代中国学研究における計量分析の応用:中国非税収入の財政幻覚の効果を例にして」
「计量分析方法在现代中国学研究中的应用:以中国非税收入的财政幻觉效应为例」

■報告者  雷 鸣 副教授(南開大学)
■テーマ
「歴史制度分析方法:中日近代労働力市場形成を例として」
「历史制度分析方法: 以中日近代劳动力市场形成为例」

■報告者  高橋 五郎 教授(ICCS・所長)
■テーマ 「日中比較研究法による日中農業問題の研究」

■報告者  李 春利 教授(ICCS・経済環境主査)
■テーマ 「日中比較研究法による日中都市環境問題の研究」




Posted by サイト管理者 at 11時17分 記事URL

« 前の5件

406 件中 610 件目を表示 1 2 3 4 5 ...82

次の5件 »


検索

カテゴリー

新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ