ICCS 国際中国学研究センター

新着情報

文字サイズ:標準  最大印刷

2017年6

先月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 来月

 愛知大学国際中国学研究センターでは、以下の通り、公開講演会を開催いたします。


開催日:2016年12月19日(月)
時 間:15:00-17:00
会 場:愛知大学名古屋キャンパス厚生棟3階W32会議室
言 語:中国語
主 催:愛知大学国際中国学研究センター
備 考:参加無料・申込不要

●講演テーマ
「正義は社会制度における最も重要な価値なのか?」(正义是社会制度的首要价值吗?)
講師:段 忠橋(中国人民大学哲学院教授)

【講師プロフィール】
段 忠橋(DUAN ZhongQiao)
英国エセックス大学哲学博士(1994),オックスフォード大学客員研究員(1998-1999)。 現在《中国人民大学学报》の編集長及び中国当代国外マルクス主義研究会副会長を務める。 代表著作には、《马克思的社会形态理论》(英文)、《理性的反思与正义的追求》、《重释历史唯物主义》など、多数の著書、訳書があり、中国及びイギリス、アメリカでも多数の論文を発表。

■お問合せ先:
愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)
E-MAIL:iccs-sympo(AT)ml.aichi-u.ac.jp
※上記メールアドレスの(AT)は@に置き換えてください。 Tel:(052)564-6120
 


ファイルイメージ

チラシ



Posted by サイト管理者 at 11時17分 記事URL


Posted by サイト管理者 at 09時20分 記事URL

『東亜同文書院中国調査手稿叢刊』(1927~1943)計200冊
中国国家図書館から編集・発刊


 このたび、『東亜同文書院中国調査手稿叢刊』(1927~1943)計200冊が中国国家図書館から編集・発刊されました。この部分は、東亜同文書院調査大旅行記等のうち、愛知大学図書館所蔵には欠けるものです。

 これまで、日本と中国で公開を待たれてきた貴重な資料で、編者をして「満鉄」資料をしのぐと言わしめています。今後、日本・中国・そして世界の中国研究者の耳目を集めるに違いないと思われます。

 この資料の公刊情報は、ICCSと北京大学が進めてきた学術連携やICCS関係者の中国における知己を基礎に、日本で初めて入手できたものです。

 さしあたり、中国でいちはやく報道された資料の一部を和訳(ICCS訳)してお届けします。

資料
1、出版内容紹介「東亜同文書院中国調査手稿叢刊(全200冊)」(和訳付き)
2、上海日研中心(出典:中青在線)「近代日本派出4000名学生調査中国档案首次出版」(和訳添付)



ファイルイメージ

資料1.中国語の内容紹介

ファイルイメージ

資料1.内容紹介の日本語訳

ファイルイメージ

資料2.中国での報道内容

ファイルイメージ

資料2.中国語報道の日本語訳



Posted by サイト管理者 at 19時00分 記事URL


Posted by サイト管理者 at 15時20分 記事URL


Posted by サイト管理者 at 13時00分 記事URL

« 前の5件

412 件中 1620 件目を表示 1 2 3 4 5 6 7 ...83

次の5件 »


検索

カテゴリー

新着情報


愛知大学Webサイト

ページ内容の全部あるいは一部を無断で利用することを禁止します。
AICHI UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.

ページの上部へ