組織

ICCSフェロー

加々美 光行

任期:2015年09月01日 〜 2016年08月31日

プロフィール:Profile


出身学校 東京大学文学部社会学科
学位 文学士
専門分野 中国政治思想
関連分野 社会学、社会思想史
研究テーマ 毛沢東論/文化大革命論/東アジア民族問題/東アジア国際政治/外国書購読

業績:Academic Achievements

著書

  • 2016年3月 単著『未完の中国―課題としての民主化』岩波書店
  • 2010年7月 単著『裸の共和国―現代中国の民主化と民族問題』世界書院
  • 2008年8月 単著『中国の民族問題』岩波書店
  • 2007年8月 単著『鏡の中の日本と中国』日本評論社
  • 2001年2月 単著『歴史のなかの中国文化大革命』岩波書店
  • 1999年11月 単著『21世紀の世界政治3—中国世界』筑摩書房
  • 1997年7月 単著『アジアと出会うこと』河合出版
  • 1995年2月 単著『中国—政治・社会』アジア経済出版会
  • 1992年3月 単著『知られざる祈り—中国の民族問題』新評論
  • 1990年5月 単著『天安門の渦潮—資料と解題/中国民主化運動』岩波書店
  • 1990年3月 単著『現代中国の黎明—天安門事件と新しい知性の台頭』学陽書房
  • 1986年6月 単著『逆説としての中国革命—<反近代>精神の敗北』田畑書店
  • 1985年3月 単著『現代中国の挫折—文化大革命の省察』アジア経済出版会

論文

  • 2016年3月 「座談会:国際秩序を変えようとする中国とロシア」『地域研究』Vol.16No.2
  • 2016年1月 「中国文化大革命の歴史的意味を問う」『思想』2016年1月号
  • 2016年2月 「巻頭対談:大衆の情念と思想なき暴力-日中現代政治の視角」『情況』2016年2-3月号
  • 2015年6月 「中国の国家と民族-中華民族復興論と民族政策の動揺」『情況』2015年6月号
  • 2002年3月 単著「反テロリズムと東アジア世界」『情況』2002年3月号
  • 2002年7月 単著「瀋陽事件で読む東アジア情勢のねじれ」『法学セミナー』572号
  • 1999年10月 単著「アジア太平洋地域の安全保障」『軍縮』・228/宇都宮軍縮研究室
  • 1998年12月 単著「ポスト冷戦の中国、日本、そしてアメリカ」『東亜』・378/霞山会
  • 1998年6月 単著「新たな発展パラダイムを求める江沢民政権−于光遠と李延明との対話を通じて」『中国21 』臨時増刊号愛知大学現代中国学会編/風媒社
  • 1997年8月 単著「最後の社会主義・中国はどこへ行くか」『情況』第2期第8巻第7号(8・9月合併号)/情況出版
  • 1997年8月 単著「東アジアの安全保障」『軍縮』・196/宇都宮軍縮研究室
  • 1997年3月 単著「新しい『中国学』の構築に向けて」『中国21』創刊準備号 愛知大学現代中国学部編/風媒社
  • 1996年11月 単著「東亜同文書院創立者 近衞篤麿の人と思想」『東亜同文書院と愛知大学』第4集/六甲出版
  • 1996年7月 単著「文化大革命と現代日本−中国の友人に与う」『状況と主体』・247/谷沢書房

学会等発表

  • 2016年2月27日 基調講演:鳴動する世界と中国イスラム、静岡大学人文社会科学部アジア研究センター主催国際シンポジウム「中国文化大革命と国際社会」 東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター

その他:Others

■所属学会

  • 日本現代中国学会、アジア政経学会、中国学会

メンバーの一覧へ

ICCS(International Center for Chinese Studies)について

文部科学省「21世紀COEプログラム」によって設立された愛知大学国際中国学研究センター(International Center for Chinese Studies:略称ICCS)は、本学大学院中国研究科博士課程を中核に、海外から招聘する世界レベルの学者を含む現代中国研究の国際的な研究・教育機関として、活動を行っております。

ICCSの研究における究極的目標は、伝統的な「中国学(Sinology)」にとどまらず、新たな学問分野として「現代中国学(Modern Sinology)」の構築に向けた努力を継続することにあります。これは日本発の世界的な取組みとなるでしょう。私たちは日本国内、中国をはじめとする世界の優れた仲間たちと、このための研究を進めています。

詳しく見る