お知らせ

ICCS訪問教授関凱氏が講演を行いました

 2023年度ICCS訪問教授の関凱氏(中央民族大学教授)が2024年1月20日(土)に開催されたICCS主催講演会「中国の民族と国家の関係を歴史的に探る」に登壇され、「天下観の民族主義との出会い: 清末民初の“民族意識”の変化に基づいて」をテーマとして講演を行いました。王柯氏(神戸大学名誉教授)、韓敏氏(国立民族学博物館超域フィールド科学研究部教授)、田村和彦氏(福岡大学人文学部東アジア地域言語学科教授)の3名を討論者として迎え、参加者を含め有意義な意見交換がなされました。




関凱・ICCS訪問教授が着任しました

2024年1月18日、ICCS訪問教授として招聘した関凱教授(中央民族大学教授)が着任しました。

主な著作:
中国語:
1.《政策视野中的少数民族非物质文化遗产》,2012年11月,民族出版社
2.《中国社会的文化转型》,2012年9月,民族出版社
3.《中国满族》,2012年5月,黄河出版集团/宁夏人民出版社
4.《族群政治》,2007年10月,中央民族大学出版社
5.《第五骑士》(Le Cinquième Cavalier),1992年7月,内蒙古人民出版社版

学术论文:
1.《内与外:民族区域自治实践的中国语境》,2015年1月,《清华大学学报》
2.《被“污名化”的边疆:恐怖主义与人的精神世界 》,2014年6月,《文化纵横》
3.《反思“边疆”概念:文化想象的政治意涵” 》,2013年6月,《学术月刊》、《中国人民大学书报数据中心复印报刊资料历史学》同年转载
4.《“山东满族人”:族群分类的国家话语与草根叙述” 》,2013年2月,《西南民族大学学报》
5.《满族民族性:帝国时代的政治化结构与后帝国时代的去政治化结构》,2011年8月,《社会科学战线》

その他にも著作、論文多数。

研究项目:
1. Case Study on Social Determinants regarding Newborn Care in Sichuan, Tibet and Gansu, 2013年, 联合国儿童基金会(UNICEF)研究项目
2. Case Study on Factors Influencing the Increasing Uptake of MCH Behaviors and Uptake of Services in Ethnic Minority Areas , 2011年, 联合国人口基金会(UNFPA)研究项目
3. Cultural Sensitivity on Community and Culture-Based Intervention, 2010年, 联合国人口基金会(UNFPA)研究项目
4. Study on Traditional Beliefs and Practices regarding Maternal and Child Health in Yunnan, Guizhou, Qinghai and Tibet, 2009年, 联合国人口基金会(UNFPA)研究项目

 関凱教授の任期は2024年2月12日まで。本学在任中、本研究センターの研究活動に参加する他、大学院中国研究科博士後期課程にて「中国文化特殊研究Ⅷ」を担当します。


ICCS研究員(政治・外交分野)の公募について(2024年4月採用予定)

愛知大学「国際中国学研究センター(ICCS)」では、研究教育活動の円滑化を図るとともに、若手研究者を育成することを目的とし、優秀な若手研究者をICCS研究員として公募します。
詳細は以下の募集要項をご確認ください。

募集人数および研究分野
1名、中国の政治・外交分野

※提出期限:2024年1月25日(木)必着


ICCS研究員募集要項


ICCS研究員(履歴・業績書式)


※書類選考後の面接は2024年1月30日ごろを予定しております。


最新のお知らせ

お知らせの一覧へ

月別記事

ICCS(International Center for Chinese Studies)について

文部科学省「21世紀COEプログラム」によって設立された愛知大学国際中国学研究センター(International Center for Chinese Studies:略称ICCS)は、本学大学院中国研究科博士課程を中核に、海外から招聘する世界レベルの学者を含む現代中国研究の国際的な研究・教育機関として、活動を行っております。

ICCSの研究における究極的目標は、伝統的な「中国学(Sinology)」にとどまらず、新たな学問分野として「現代中国学(Modern Sinology)」の構築に向けた努力を継続することにあります。これは日本発の世界的な取組みとなるでしょう。私たちは日本国内、中国をはじめとする世界の優れた仲間たちと、このための研究を進めています。

詳しく見る